トップ > エンタメ > スターニュース > SF9ロウン、MBCの新ドラマ出演が決定 ジャンル超えたキャスティング相次ぐ

SF9ロウン、MBCの新ドラマ出演が決定 ジャンル超えたキャスティング相次ぐ


  • SF9ロウン、MBCの新ドラマ出演が決定 ジャンル超えたキャスティング相次ぐ
  • FNCエンターテイメント

2022年上半期放送予定のMBCの新ドラマ『明日』にロウンが出演することが決まった。

MBCの新ドラマ『明日』にロウンのキャスティングが最終的に決まり、期待が高まっている。

『明日』は「死んだ人」を導いていた冥途の使者たちが「死にたい人たち」を生かすファンタジーハートフルドラマだ。同名の人気ウェブ漫画を原作に、様々なシチュエーションコメディを執筆してきたパク・ラン作家と新鋭のキム・ユジン作家が執筆し、原作とは違った魅力を加える予定だ。さらに映画『善惡の刃』『SP 国家情報局:Mr.ZOO』などを演出したキム・テユン監督と、ドラマMBC『チェックメイト!〜正義の番人〜』『カイロス~運命を変える1分~』、tvN『マウス』を演出したソン・チウク監督が共同演出を務め、映画とドラマの出会いという点で期待を高めている。

ロウンはあの世の独占企業「走馬灯」の危機管理チームの契約職新入社員になったチェ・ジュンウン役を演じる。チェ・ジュンウンは資格はすべて持っているものの選考落ちが続く長期就活生で、ある日危機管理チームのミスでコマ状態になり、死んだ者でも生きた者でもない「半人半魂」の存在として命をかけた「条件付き」危機管理チームの業務を始め、「走馬灯」の人気者となる人物だ。

ロウンは就活生とミスを連発する新入社員の姿で共感を誘うのはもちろん、死にたい人々を生かして共感と癒しを与える予定だ。ロウンはドラマ『偶然見つけたハル』、『先輩、その口紅塗らないで』、『恋慕』など、ロマンスから時代劇までジャンルをまたぎながら存在感と可能性を証明し、旬の俳優として強烈な存在感を発揮している。

MBC『明日』の制作陣は「ロウンがチェ・ジュンウン役にぴったりだと思った。『明日』を通じて、ロウンの新たな魅力と深みのある演技力をお見せできると思う」とし、「人気俳優ロウンと信頼できる制作陣との出会いが爆発的なシナジー効果を発揮するものと期待している。たくさんの期待と関心をお願いしたい」と伝えた。

一方、MBCの新ドラマ『明日』は来年上半期に初放送される予定だ。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-04 12:03:26