全斗煥・元大統領の死去により次男妻のパク・サンアに関心集まる「私たちは罪人」


  • 極東放送画面キャプチャ

全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領が死去した中で、次男のチョン・ジェヨンさん(57)と俳優で妻のパク・サンア(48)の近況に関心が集まっている。

チョン・ジェヨンとパク・サンア夫婦は去る3月、極東放送のトーク番組『会いたい人、聞きたい話』に出演した。

当時、チョン・ジェヨンさんは神学大学院に入学して牧会者になるための過程を学んでいると明らかにし、京畿道の板橋(パンギョ)のある教会に出席して執事を務めていると紹介した。

チョン・ジェヨンさんは「刑務所で2年8カ月という時間を過ごすことになった。初めて行って部屋に座って窓の外を眺めていると突然、賛美歌の声が聞こえてきた。その人はあまり歌が上手ではなかったのに涙が出てきた。その時から賛美、礼拝を捧げたいという気持ちが生まれて(牧会者の道を)決心することになった」と告白した。

それと共に「牧会者になるつもりはなかったが、みことばを聞くことによって世の中に少しでも流されなくなるのではないかという考えから神学を勉強したい気持ちになった」と付け加えた。

チョン・ジェヨンさんは2006年12月、京畿道烏山市(オサンシ)の林野を売却する過程で偽の契約書を作成し、譲渡所得税を脱税した容疑で裁判にかけられた。2015年8月に最高裁判所で懲役3年に執行猶予4年、罰金40億ウォンが宣告された。罰金納付期限である2016年6月30日まで未納したことから翌日の7月1日午前、労役場に留置され昨年2月に出所した。

かつて人気俳優として活動した妻パク・サンアは「最初は夫の神学課程の勉強に反対した。誰が見ても罪人である私たちのような人々が神様を信じるのも実は隠したい部分なのに、神様のために働くというのは神様の栄光をあまりに遮る行為のようだった」とし「それで夫が帰宅すると激しく喧嘩をしてダメだと言ったのに、神様は私たちの考えとは違うようだった」と打ち明けた。

チョン・ジェヨンさんは当時、父親の全斗煥・元大統領に言及した。彼は「私が神学大学院に行く前に両親に言うべきだと思った」と彼は言った。父は認知症で歯磨きをしても記憶できない状態だと明かしながら「両親が予想外にもとても喜ばれた。父は「おまえが牧師になるなら、おまえが仕える教会に出席する」とも言った。その言葉を聞いた瞬間(牧師に)必ずなるべきだと思った」と明らかにした。

パク・サンアは1995年、KBS第1回スーパータレント選抜大会大賞で受賞し、デビュー後『若者のひなた』『パパ』『太祖王建』『コッチ』などに出演して人気俳優として活動した。去る2007年、チョン・ジェヨンさんと結婚して芸能界から姿を消した。娘2人に恵まれている。

第11・12代大統領を務めた全斗煥・元大統領はこの日午前8時40分頃、ソウル市西大門区にある自宅で享年90歳で亡くなった。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-23 17:12:07