「赤い袖先」主演ジュノとイ・セヨン、公約守るため番組再出演 視聴率二桁超え


  • MBC

年末も『赤い袖先』ブームが続く見通しだ。『赤い袖先』が5週連続でドラマ話題性1位を達成した中で、主役である『赤い袖先』のジュノとイ・セヨンが視聴率公約履行のために来る28日、MBCのラジオ番組『正午の希望曲 - キム・シニョンです』に再出演する。

MBCの金土ドラマ『赤い袖先』は自分が選んだ人生を守ろうとした宮女と愛より国が優先だった帝王の切ない宮中ロマンス記録で、世紀のラブストーリーに挙げられる「正祖(チョンジョ)と宜嬪(ウィビン)のロマンス」を基に、ジュノ(イ・サン)とイ・セヨン(ソン・ドクイム)など演技派俳優たちの好演とMBC時代劇の長所だけを集めた完成度で好評を得ている。

先立ってジュノとイ・セヨンは『赤い袖先』初放送前の去る11月4日に『正午の希望曲 - キム・シニョンです』に出演して「視聴率10%を超えたら『正午の希望曲』に特別パーソナリティとして再出演する」という公約を掲げた。その後、『赤い袖先』は放送4週目にして二桁視聴率を突破して視聴率公約の要件を満たした。また、9話の放送基準で全国視聴率10.9%、首都圏視聴率10.9%、最高視聴率13.3%と、再び自己最高視聴率を更新してますます人気が高まっている。 (ニールセンコリア基準)

このような視聴者たちの熱い声援に報いるため、ジュノとイ・セヨンは28日『正午の希望曲 - キム・シニョンです』を再訪問する。ジュノとイ・セヨンはゲストとして参加した先の出演者とは異なり、キム・シニョンに代わってパーソナリティを務める予定だ。名実共に「今年のカップル」に挙げられるほど甘くて切ないケミストリーで視聴者たちを魅了しているジュノとイ・セヨンなだけに、愛聴者たちの熱い応援の中で抜群の呼吸を誇ると期待を集める。

一方、『赤い袖先』は自分が選んだ人生を守ろうとした宮女と愛より国が優先だった帝王の切ない宮中ロマンスだ。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-12-15 11:16:54