トップ > エンタメ > スターニュース > チ・ヒョヌ&イ・セヒ主演「紳士とお嬢さん」視聴率35.7%で自己最高記録を更新

チ・ヒョヌ&イ・セヒ主演「紳士とお嬢さん」視聴率35.7%で自己最高記録を更新


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • チ・ヒョヌ&イ・セヒ主演「紳士とお嬢さん」視聴率35.7%で自己最高記録を更新
  • KBS2

『紳士とお嬢さん』が自己最高視聴率を更新した。

27日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると26日に放送されたKBS2の週末ドラマ『紳士とお嬢さん』(脚本キム・サギョン、演出シン・チャンソク)28話は視聴率35.7%(全国基準)を記録した。これは27話が記録した32.9%より上昇した数値で、自己最高視聴率に該当する。

この日の放送でイ・ヨングク(チ・ヒョヌ)はチョ・サラ(パク・ハナ)の情報提供により婚約した事実が報道されると慌てた。

チョ・サラは自身を問い詰めるイ・ヨングクに怒り、イ・ヨングクは謝罪後に婚約を公式に認めると明らかにした。

イ・ヨングクは酒を飲んで酔っ払い、パク・ダンダン(イ・セヒ)に「僕、ただの悪い奴になりましょうか。このままパク先生を好きになりましょうか。パク先生、責任を取ってもらえますか」と告白した。イ・ヨングクとパク・ダンダンはお互いを抱きしめて抱擁した。

翌日、自分のしたことを思いだしたイ・ヨングクは「何をしたのか」と自責した。彼はパク・ダンダンが自分を訪ねてきたとき「昨夜、私は何を言いましたか。お酒をたくさん飲んで失態を見せたようです。お酒を飲んでのことなので気にしないでください」とその場を離れた。

『紳士とお嬢さん』は自分の選択に責任を果たして幸せを求める貧しいお嬢さんと紳士が出会いながら繰り広げられる話だ。韓国で毎週土日午後7時50分放送される。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-12-27 08:42:21