トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「紳士とお嬢さん」のイ・セヒ、「真剣勝負」でEXOディオと共演確定

「紳士とお嬢さん」のイ・セヒ、「真剣勝負」でEXOディオと共演確定


  • 「紳士とお嬢さん」のイ・セヒ、「真剣勝負」でEXOディオと共演確定
  • FAMILYエンターテイメント

イ・セヒが『真剣勝負』のキャスティングを確定した。

KBSの新しいドラマ『真剣勝負』(脚本イム・ヨンビン、演出キム・ソンホ)は不良で強引な検事「チン・ジョン」が富と権力が作った聖域、そしてその中に住んでいる貪欲者たちまでを爽快に倒していく話だ。正法よりは便法を、定石よりは裏技を、誠実さよりは不良さを選んだ検事がこの社会を蝕む腐敗した権力者たちを処断し、苦しい現実をしばらく忘れさせてくれる痛快で爽やかなドラマだ。

『真剣勝負』はNetflixシリーズ『ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です』を通じて感性的で洗練された演出力を披露したキム・ソンホ監督とJTBCドラマ『スケッチ』の共同執筆に参加したイム・ヨンビン作家が意気投合した作品。ここにEXOディオが検事チン・ジョン役に抜擢され話題を集めている。

これと関連して最高視聴率38.2%という驚異的な記録で幕を下ろしたドラマ『紳士とお嬢さん』のパク・ダンダン役で愛されたイ・セヒが『真剣勝負』に合流しながら期待をさらに高めている。

イ・セヒは『真剣勝負』で中央地検刑事部検事シン・アラ役を引き受ける。劇中、シン・アラは無駄のない処理と冷徹な状況判断で中央地検長の右腕の座を手に入れた人物。政治的感覚も優れており、同僚や先輩後輩の検察幹部たちとも関係が良好で、社会性を持っている。

検察の歴史に残る前代未聞の狂人、異端児、生態系擾乱種である検事チン・ジョン(EXOディオ)と性格が合わなそうだが、誰よりも心配して保護してあげるツンデレの魅力で視聴者を惹きつける予定だ。

イ・セヒはなんと500対1のオーディション競争率を経て初主演に抜擢されたKBS『紳士とお嬢さん』パク・ダンダン役で活躍、「2021 KBS演技大賞女新人賞」を受賞するなど最高のライジングスターとして急浮上した状況。

制作陣は「爽やかで魅力的なビジュアルはもちろん、演技力まで完璧に備えているイ・セヒが視聴者をくぎ付けにする」とし「『紳士とお嬢さん』パク・ダンダン役とは180度違う、冷徹な判断力と優れた政治感覚を持ったシン・アラ役で魅力を見せるイ・セヒを見守ってほしい」と話した。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-13 09:39:57