トップ > エンタメ > スターニュース > 元KARAギュリの元恋人ソン・ジャホ、国会議員出馬を宣言 交際当時の年齢が話題

元KARAギュリの元恋人ソン・ジャホ、国会議員出馬を宣言 交際当時の年齢が話題


  • 元KARAギュリの元恋人ソン・ジャホ、国会議員出馬を宣言 交際当時の年齢が話題
  • PICAPROJECT

グループKARAのパク・ギュリの元恋人で、PICAPROJECTの共同代表であるソン・ジャホが国会議員への出馬を宣言した中、彼の実年齢が話題だ。

ソン・ジャホは去る10日、ソン・ジャホは記者会見を開き、来る3月9日に行われるソウル市瑞草甲の国会議員の補欠選挙に出馬すると明らかにした。それとともに「満26歳ではなく満21歳だ」と実際の年齢を告白した。

彼は「法定生年月日は2000年3月30日だ。私は今年で21歳だ。私はキュレーターを皮切りに、2020年2月にPICAPROJECTというスタートアップ企業を創業した青年だ。創業当時の年齢は満20歳だった」と説明した。

当初、ソン・ジャホは1988年生まれのパク・ギュリより7歳年下と知られていた。しかし、実際には12歳下であったことが明らかになったもの。

彼は間違って知られた年齢と関連して「韓国の年齢文化と若い青年の社会活動に対する認識、社会全体的な雰囲気が非常に冷たく、挑戦しにくい状況が自然と造成されている」とし「皆さんはやや対外的に知られている私の年齢と違うため、驚かれたかもしれない」と話した。

それとともに「幼いという理由で挑戦の限界があることが私には大きな悩みであり、それにより私の本来の年齢で活動するのが難しかった」とし「幼い時から不足のない環境で育ってきた私でさえ青年として韓国社会で挑戦するのことに大きな挫折と限界を感じたのに、国内のすべての一般的な青年は韓国社会で前進するのにどれほど敷居が高く、悩みが多いか想像すらできない」と明らかにした。

ソン・ジャホは政治入門に対して「韓国の1350万人の青年たちの声を国会に反映できるように代弁して、私たちのような青年も挑戦し、既存の既得権と既成世代に押さえつけられずに前に進めるように声を出す」と、瑞草区内から世界的なアーティストの排出、芸術の殿堂文化観光地の跳躍、医学専門大学院・ロースクールの廃止、定時入試と高試の復活などを主要公約として掲げた。

  • 元KARAギュリの元恋人ソン・ジャホ、国会議員出馬を宣言 交際当時の年齢が話題
  • スタートゥデイDB

ソン・ジャホはソン・スンホン前トンウォン建設会長の孫で、2015年にトンウォン建設に入社、2019年からMコンテンポラリーアートセンター首席キュレーターに任命され勤務した履歴を持っている。2020年2月、共有経済美術品企業PICAPROJECTを創立した。韓国初の美術品専用NFTマーケットプレイスを開発し、国会文化体育観光委員会で表彰状を受けた。

だが昨年7月に飲酒運転により摘発され、以後、当て逃げ、同乗者監禁、逆走などの疑惑が沸いた。

当時、ソン・ジャホの法務代理人デホ側は「代理運転のドライバーがソンさんの車両を見て、初めて運転するので操作に慣れていないと、車両を運転できないと言うので、酒気帯び状態でハンドルをつかむ大きなミスを犯すことになった」とし「この点について深く反省して後悔しており、今後絶対に飲酒運転をしないことを誓っている」と明らかにした。それと共に「彼女(パク・ギュリ)が私のために一緒に言及されていて申し訳ない」とし「このこととは無関係で、私の不覚だと考えてほしい」と様々な物議について否定した。

KARA出身のパク・ギュリとはMコンテンポラリーアートセンターで開かれたジョン・バーガーマンの展示会で会って縁を結び、2019年10月に熱愛が知られた。公開熱愛から2年ぶりの昨年9月に破局を発表した。

最近、俳優ファン・シネの娘イ・ジニの初個展を企画、来る29日までPICAPROJECTの清潭本店で展示会が開かれる。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-11 09:26:28