トップ > エンタメ > 「ソンフン、14回の平手打ちで手の痕」イ・ガリョンが「結婚作詞 離婚作曲」ビハインド明かす

「ソンフン、14回の平手打ちで手の痕」イ・ガリョンが「結婚作詞 離婚作曲」ビハインド明かす


  • 「ソンフン、14回の平手打ちで手の痕」イ・ガリョンが「結婚作詞 離婚作曲」ビハインド明かす
  • SBS

俳優イ・ガリョンが『結婚作詞 離婚作曲』のビハインドを公開した。

去る22日に韓国で放送されたSBSのバラエティ番組『靴を脱いでドルシングフォーマン』には話題のドラマ『結婚作詞 離婚作曲』のチョン・スギョン、イ・ガリョンが出演した。

この日の放送でイ・サンミンは『結婚作詞 離婚作曲』で話題を集めたイ・ガリョンのビンタシーンについて言及した。劇中、イ・ガリョン(プ・ヘリョン役)は夫パン・サヒョン(ソンフン)の不倫の事実を知って頬を14発叩いた。

イ・ガリョンは「私は手の力が強い」とし「次のシーンを撮らなければならないのに、(ソンフンの)顔に手の痕が残った」と打ち明けた。これにMCは「これまでみたビンタシーンのなかで一番痛そうだ」と話し、イ・ガリョンは「私もその場面を最後まで見ていられなかった。モニタリングできなかった」と打ち明けた。

一方、『結婚作詞 離婚作曲』はラジオ放送局で仕事をしてきた女性ラジオPD、パーソナリティ、作家が予期せぬ不幸を迎える姿を描いたドラマだ。毎週土、日曜日の午後9時に公開。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-23 07:58:38