トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「二十五、二十一」実はナ・ヒドの夫登場シーンを撮影していた 後ろ姿を公開

「二十五、二十一」実はナ・ヒドの夫登場シーンを撮影していた 後ろ姿を公開


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「二十五、二十一」実はナ・ヒドの夫登場シーンを撮影していた 後ろ姿を公開
  • イ・ソユン SNS

『二十五、二十一』でナ・ヒド(キム・テリ)の夫がドラマに登場する予定だったが、編集でカットされたことが明らかになった。

3日に最終回が公開されたtvNドラマ『二十五、二十一』(脚本クォン・ドウン、演出チョン・ジヒョン)では予想通りナ・ヒドとペク・イジン(ナム・ジュヒョク)が別れを迎えるエンディングが描かれた。2人はお互いを美しい初恋として記憶することになった。

ナ・ヒドはペク・イジン以外の人と結婚して娘キム・ミンチェを産んだ。

しかし、ナ・ヒドの夫は最後まで登場せず、視聴者たちの関心を集めた。

そんななか、実は『二十五、二十一』の制作チームがナ・ヒドの夫が登場するシーンを撮影していたことが知られて関心を集めている。

去る3日、キム・ミンチェの子役を演じたイ・ソユンのSNSには「昨年8月、幼稚園に行った幼いミンチェのシーンは編集されて悲しかったけど、残念なので残してみる撮影の記録。短く出演して残念だったけど主演俳優たちを見てはまってしまった人生ドラマ。ソユンが一緒に出演したというだけでも栄光でした…!終わってほしくないけど涙で送ります」というコメントと一緒に写真を公開した。

公開された写真の中で、イ・ソユンはある大人の男性の手を握って幼稚園バスを待っている。その男性はナ・ヒドの夫と見受けられる。ナ・ヒドの夫が登場するシーンまで撮影を終えたものの、様々な理由で結局該当のシーンは編集でカットされたものと見られる。

一方、『二十五、二十一』最終回は韓国で全国世帯基準平均11.5%(ケーブル、IPTV、衛星統合した有料プラットフォーム基準、ニールセンコリア提供)の視聴率を記録、自己最高視聴率を記録した。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-04 09:57:30