トップ > エンタメ > スターニュース > 2PMジュノ、韓国ブランド大賞男性俳優部門で1位に「赤い袖先」人気を牽引

2PMジュノ、韓国ブランド大賞男性俳優部門で1位に「赤い袖先」人気を牽引


  • 2PMジュノ、韓国ブランド大賞男性俳優部門で1位に「赤い袖先」人気を牽引
  • JYPエンターテイメント

2PMジュノが「2022ブランド顧客忠誠度大賞」で男性俳優部門を受賞し、人気を立証した。

「ブランド顧客忠誠度大賞」を主催・主管する韓国消費者フォーラムが発表した受賞内訳によると、ジュノは「2022ブランド顧客忠誠度大賞」で人物・文化の男性俳優部門で1位のブランドに選定された。

「ブランド顧客忠誠度大賞」は毎年韓国全国の消費者調査を通じて社会と大衆文化に最も影響力が認められるブランドを選定して授賞する行事で、今年で7回目を迎えた。ニュースやメディア報道、放送番組、SNS活動などに基づいて候補を選別し、消費者調査を通じて最終的に主人公を選ぶだけに格別な意味を持つ。

2008年、グループ2PMとしてデビューしたジュノは2013年の映画『監視者たち』の「リス」役をはじめとしてKBS2『キム課長とソ理事 ~Bravo! Your Life~』、JTBC『ただ愛する仲』、SBS『油っこいロマンスロ』、tvN『自白』など、しっかりとしたフィルモグラフィーを築いて信じて見る俳優へと成長した。昨年3月の兵役終了後、カムバック作品への期待を一身に集めていたが、降り注ぐラブコールの中からMBCの本格時代劇『赤い袖先』を選択して演技活動を再開した。

『赤い袖先』でジュノは、厳しくも傲慢な完璧主義者の正祖イ・サン役を演じ、深い演技と繊細な表現力で熱演を繰り広げ、視聴者たちの心を捕らえた。このドラマで「2021 MBC演技大賞」ミニシリーズ部門男性最優秀演技賞とベストカップル賞の2冠に輝く栄光を抱いた。続いて今年第34回韓国PD大賞出演者賞タレント部門受賞、第58回百想芸術大賞テレビ部門男性最優秀演技賞にノミネートされるなど唯一無二の存在感を見せている。

ジュノは最近、次期作としてドラマ『キング・ザ・ランド』(仮題、脚本チェ・ロム)出演を確定した。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-04 08:19:20