トップ > エンタメ > TV・映画 > ヨ・フェヒョンがひき逃げ事件告白のためイ・ソンミンを呼び出す

ヨ・フェヒョンがひき逃げ事件告白のためイ・ソンミンを呼び出す

「記憶」6話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • ヨ・フェヒョンがひき逃げ事件告白のためイ・ソンミンを呼び出す
「記憶」ヨ・フェヒョンがイ・ソンミンに真実を告げようとした。

2日放送されたtvN金土ドラマ『記憶』ではイ・スンホ(ヨ・フェヒョン扮)がパク・テソク(イ・ソンミン扮)に告白をするために彼を呼び出した。

暗い表情のイ・スンホに何も知らないパク・テソクは「大丈夫だから気楽に話せ」と声をかける。

ようやくイ・スンホは「勇気が出ませんでした」と声を絞り出すようにして話した。

その時間、コンビニ従業員の情報提供を受けたナ・ウンソン(パク・ジニ扮)たちはコンビニのCCTV映像を入手しようとするが、ウィルス感染しCCTV映像が消滅したと告げられた。

涙を流し「申し訳ありません」と言うイ・スンホに驚くパク・テソクは彼が何故自分の前で頭を下げているのか理由も分からず驚くだけだった。続けてイ・スンホが真実を告げようとした瞬間、パク・テソクのもとにナ・ウンソンから電話がかかりパク・テソクは急いでその場を後にした。
  • O2CNI / 写真=tvN放送画面キャプチャー
  • 入力 2016-04-02 21:40:00