トップ > エンタメ > TV・映画 > 「記憶」ユン・ソヒがイ・ジュノに「可愛いから笑わないでください」

「記憶」ユン・ソヒがイ・ジュノに「可愛いから笑わないでください」

「記憶」15話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。
  • 「記憶」ユン・ソヒがイ・ジュノに「可愛いから笑わないでください」
ユン・ソヒがイ・ジュノの笑顔を可愛いと褒めた。

6日放送されたケーブルチャンネルtvN金土ドラマ『記憶』にてパク・テソク(イ・ソンミン扮)は仕事を終えて帰宅する準備をした。家で義母が待っていると伝えるとチョン・ジン(イ・ジュノ扮)は「早く帰って孝行してください」と話した。

パク・テソクはチョン・ジンに「チョン弁護士も今日は早く帰れ。美味しいものでもご馳走してやれ」とポン・ソナ(ユン・ソヒ扮)を指した。続けて「いるときに良くしてやれ。逃して後悔せずに」とアドバイスも付け加えた。

パク・テソクはポン・ソナに「ワトソンが美味しいものをご馳走するから、一緒に帰りなさい」と伝えて事務所を後にした。

ポン・ソナは首を傾げながら「チョン弁護士がワトソンですか?」と尋ね、チョン・ジンはただ笑顔を見せるだけだった。するとポン・ソナは「笑わないでください」と話した。

「どうして」と尋ねるチョン・ジンにポン・ソナは「笑うとすごく可愛いんです」と恥ずかしそうに答えた。
  • O2CNI / 写真=ネイバーTVキャストキャプチャー
  • 入力 2016-05-06 22:07:00