トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「テバク」13話 チェ・ミンス、ヨ・ジングに「チャン・グンソクとなぜ親しくするのか」

「テバク」13話 チェ・ミンス、ヨ・ジングに「チャン・グンソクとなぜ親しくするのか」

「テバク」13話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。
  • 「テバク」13話 チェ・ミンス、ヨ・ジングに「チャン・グンソクとなぜ親しくするのか」
『テバク』のチェ・ミンスがヨ・ジングに警告をした。

去る9日午後に放送されたSBS月火ドラマ『テバク』は、粛宗(チェ・ミンス)とヨニングン(ヨ・ジング分)が向き合った姿が描かれた。

この日、ペク・デギル(チャン・グンソク扮)と親しく過ごすことに不満に抱いていた粛宗はヨニングンに「あの者と親しくする理由は何か」と尋ねた。

これにヨニングンは、「身分と権威を捨てて、実利を捨てて、初めてよく見えるようになった。これまで見えなかった友が見えて、無視していた民の苦痛が見えた」と答えた。

彼の言葉を聞いても粛宗は、ペク・デギルとの関係について警告した。彼は「すべて良いが、その友のために命を差し出すことができるのか。お前の玉座を諦めることができるのか」と付け加えた。
  • MBNオンライン イシューチーム / 写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-05-10 08:06:47