「ディア・マイ・フレンズ」涙と感動を披露して自己最高視聴率更新

「ディア・マイ・フレンズ」9話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。
tvN金土ドラマ『ディア・マイ・フレンズ』が涙と感動を爆発させて自己最高視聴率を更新した。

10日放送されたtvN『ディア・マイ・フレンズ』9話は互いの傷を治癒していくチャン・ナンヒ(コ・ドゥシム扮)とパク・ワン(コ・ヒョンジョン扮)母子の姿が描かれた。

この日の放送はケーブル、衛星、IPTV統合世帯視聴率基準平均5.3%、最高7.2%の自己最高視聴率を更新し、ケーブルと総合編成を通じて同時間帯1位の視聴率となった。(ニールセンコリア調査、有料プラットフォーム、全国基準)

この日パク・ワンは過去に母親が自分と一緒に死のうとした事件を取り出した。これからは自分の人生に入り込まないでという言葉をはじめとしてひとつずつ傷を取り出し始めた彼女は、母親が薬を飲ませた瞬間から自分の人生は母親のものであったということに気づき、母親のせいでソ・ヨンハ(チョ・インソン扮)を捨てたと恨みを吐き出した。
  • MBNスター ソン・ジナ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-06-11 09:42:27