「むやみに切なく」17話 キム・ウビン、イム・ジュウンのひき逃げを暴露

「むやみに切なく」17話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『むやみに切なく』のキム・ウビンがイム・ジュウンを利用して、スジの父親をひき逃げした事件の真相を明らかにした。

先月31日に放送されたKBS2水木ドラマ『むやみに切なく』でシン・ジュンヨン(キム・ウビン扮)がユン・ジョンウン(イム・ジュウン扮)にプロポーズして歓心を買った後、ノ・ウル(スジ扮)に向かって父親のひき逃げ事件について打ち明ける姿が描かれた。

シン・ジュンヨンは、自身が父親チェ・ヒョンジュン(ユ・オソン扮)に対する復讐のために近づいたという事実を聞いて来たユン・ジョンウンと会った状況だった。怒ったユン・ジョンウンは父親に対する憎悪のために、愛してもいない女性と結婚までしようとしたのかと責めたてたが、シン・ジュンヨンに対する気持ちが揺れ、最終的にシン・ジュンヨンと一緒に行くことを決めた。

自分の計画通りユン・ジョンウンがついてくると、シン・ジュンヨンはノ・ウルが撮影しているときに、ユン・ジョンウンにプロポーズを行った。ノ・ウルは自分の目の前で愛するシン・ジュンヨンが他の女性に指輪をはめる状況を受け入れることができず、震える体を落ち着かせるためにしばらく席を外した。このとき、シン・ジュンヨンがノ・ウルが電源を切ったカメラを再びつけて、ユン・ジョンウンの意中を探り始めた。

シン・ジュンヨンはユン・ジョンウンにワインを注いで、一番尊敬していた父親が実際には卑劣で残忍な人だということ知ってしまったとし「検事という人が上層部の請託を受けてひき逃げ事故をもみ消した。監視カメラをなくし、目撃者を懐柔して運転者を変えて虚偽の自首をさせ、真犯人を明らかにしょうとした後輩の担当検事を地方に左遷させてしまった」というユン・ジョンウンのひき逃げ事故の話を持ち出した。慌てたユン・ジョンウンがトイレに行くために立ち上がると、シン・ジュンヨンはノ・ウルにノートパソコンを渡して、目を離さずにモニター画面をよく見てみろと話した。

そして、「その時、そのひき逃げ事故で亡くなった人が私のガールフレンドの父親だった。そして私は、そんな父親でも、父親だからと守るためにガールフレンドを殺してしまった。私はその子を殺した」とモニターの中のノ・ウルに話しかけるように自分の過ちを告白した。当惑するユン・ジョンウンの姿が続き、シン・ジュンヨンの復讐がどのように完成するのかに注目が集まった。
  • スタートゥデイ イシューチーム / 写真=KBS2放送画面キャプチャ
  • 入力 2016-09-01 10:14:06