トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「キム課長とソ理事」ジュノが自ら敵を作り生きる理由…憎みきれない悪役

「キム課長とソ理事」ジュノが自ら敵を作り生きる理由…憎みきれない悪役


▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「キム課長とソ理事」ジュノが自ら敵を作り生きる理由…憎みきれない悪役
「他人より一歩ずつ、たった一歩だけ前に立って行こう、けれど二歩、十歩となり、気づけばこれ以上とまることが出来なくなっていたんです」

2日放送されたKBS2水木ドラマ『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』にてソ・ユル(ジュノ扮)の本音告白が悲しさを引き出した。目的のために悪行をいとわなかったソ・ユルは、ユン・ハギョン(ナム・サンミ扮)に淡々と本心を明かした。

ソ・ユルはTQ宅配リストラに関連し、理事のようにフェアプレーをすると群山式で接近したキム・ソンリョンに逆転負けを食らった状態。ここにキム・ソンリョンが再び経理部を呼び戻して欲しいとパク・ヒョンド(パク・ヨンギュ扮)会長に要求したことで経理部まで復元されるや怒りを露にした。一人で酒を飲みに行ったソ・ユルは「正確に表現すればチンピラではなく、理事のようにしただけですよ。群山でもここまではしませんでした。理事がもっと強いでしょう」というキム・ソンリョンの発言を思い出し、言いようの無い恥辱感に力なく笑った。

その後ソ・ユルはTQリテイルをソ・ユルに奪われ恨みを持つチョ・ミンヨン(ソ・ジョンヨン扮)の差し金により暴漢に襲われ争いを巻き起こすことになった。このとき、ユン・ハギョンとオ・グァンスク(イム・ファヨン扮)が偶然に通りがかり、ソ・ユルと暴漢の争いを目撃、ユン・ハギョンが石を掴んで暴漢に投げた。しかし、瞬時に暴漢がこれを避け、石はソ・ユルの頭に当たり彼は気絶してしまった。

病院で意識を取り戻したソ・ユルはユン・ハギョンと並んで座り、ぎこちない会話を交わし始めた。ユン・ハギョンは自分のせいで申し訳ないと謝罪し、今後今日のようなことが生じないように、誰かと一緒に酒を飲むようにと勧めた。これにソ・ユルは「誰かが私をこらしめれば嬉しいじゃないですか?」と皮肉を言った。ユン・ハギョンはどうしてそんなに苦しみながら生きようとするのか、どうして敵を作りやられながら生きることが当然だと考えているのか尋ねた。するとソ・ユルは「それが私の人生ですから。生きる空間が同じだからと、生きる方式まで同じではないじゃないですか」と明瞭に答えた。

これにユン・ハギョンが「理事はたくさん手にしたじゃないですか。少し手放してても、生きることに支障はないじゃないですか」とソ・ユルに対する同情を見せた。暫く言葉を失っていたソ・ユルは「こんな気分分からないでしょう?他人よりも一歩、一歩だけ前に立って行こう。けれどそれが二歩、十歩になって…結局一人でずっと前に出ている、そんな気分。気づいてみたら、これ以上止まることができなくなっていました」とし「これからも私はユン代理が嫌がる行動をたくさんすることになるでしょう。そのときはただ…立つことのできない歩みを進めているんだな。そう考えながら理解してください」と淡々と告白した。

そしてその歩みを早く止めることを願うというユン・ハギョンの言葉を聞かないふりをし、ソ・ユルは立ち上がりその場を去った。「企業人が法を知りコントロールできれば、その企業の財力はものすごい権力になる。誰も崩すことができない権力」というソ・ユルの言葉のように、嵌れば嵌るほどに抜け出すことができなくなる権力の沼であがくソ・ユルの姿が見る人に同情心を抱かせた。
  • O2CNI / 写真=KBS2放送画面キャプチャー
  • 入力 2017-03-03 11:45:00