トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 2PMジュノ、「『キム課長とソ理事』は俳優として一層成熟できた場所でした」

2PMジュノ、「『キム課長とソ理事』は俳優として一層成熟できた場所でした」


  • 2PMジュノ、「『キム課長とソ理事』は俳優として一層成熟できた場所でした」
「演技ドル」を超えてしっかりとした俳優に成長した2PMジュノがKBS2ドラマ『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』放送終了所感を伝えた。

ジュノは31日、所属事務所JYPエンターテイメントを通じて「初撮影をしたのが昨日のことのようだが、もう放送終了とはすっきりしながらも寂しいです。つらい点もありましたが、それよりもっと大きな愛を受け幸福に撮影することができました」と明かした。

作品の中で冷徹なソ・ユル役を熱演したジュノは初の悪役演技について「新しいキャラクターに挑戦してみましたが、思ったよりも反応が良くとても嬉しかった」と視聴者に感謝を伝えた。

続けて「俳優として一層成熟することができ嬉しいです。『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』は僕が次の段階に進んでいくことにおいて大きな勉強となった現場」だと作品に対する愛情を打ち明けた。

大切な分だけ愛着のある場面も多かったというジュノ。ジュノは作品の中で18話エンディングを飾ったキム・ソンリョン(ナムグン・ミン扮)とソ・ユルの連合を記憶に残るシーンとして選んだ。

パク・ヨンギュ(パク・ヒョンド役)の計略に陥ったジュノはナムグン・ミンの助けにより拘置所から抜け出すことができ、二人が心を合わせて反撃を加えたもの。顔を合わせるだけで睨みあっていた二人が共にTQグループのドアを蹴り破り大反転を披露した場面だ。

ジュノは「これまでたくさん愛してくださり感謝し、これからも見守ってください」という言葉で挨拶を終えた。
  • スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2017-03-31 10:40:03