トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「お父さんが変」32話 イ・ミド、ミン・ジヌン、育児休暇問題で対立

「お父さんが変」32話 イ・ミド、ミン・ジヌン、育児休暇問題で対立

「お父さんが変」32話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「お父さんが変」32話 イ・ミド、ミン・ジヌン、育児休暇問題で対立
『お父さんが変』イ・ミドとミン・ジヌンが育児休暇問題で葛藤をもたらした。

18日に放送されたKBS2『お父さんが変』ではキム・ユジュ(イ・ミド扮)とピョン・ジュニョン(ミン・ジヌン扮)が育児休暇問題で会話した。

この日、キム・ユジュは本部長に呼び出しを受けた。本部長はキム・ユジュに「スケジュール決済が間違って出されたようで呼んだ。海外出張にキムチーム長の名前が入っていた」と述べた。キム・ユジュは「私の仕事なので当然私が行くべきだ。このスケジュール表は、最終決定で出したものだ」と答えた。続いて「今、12週を過ぎて安定期に入った」としながら大丈夫だと述べた。

本部長は「誰よりもよく知っている人がなぜこのように無理をするのか。妊娠した人が体当たりで衣装を購入するのか。見ている私たちが不安だからだ。欲張らずに、今回の海外出張から抜けるようにする」とした。続いて「しばらくはイムチーム長をメインにしてアートチームを運営するつもりだ。これは会社のための決定でもあり、キムチーム長のための決定でもある。すべての作業から手を引くのではなく、現実的にキムチーム長ができる仕事をしようということだ」と付け加えた。

キム・ユジュは疲れた表情で早めに家に帰った。ピョン・ジュニョンはそんなキム・ユジュに「今日は早く退勤した。ずっと無理していたからちょっと休め」と述べた。続いて「前から話をしたかった。医者が、赤ちゃんが小さいと言っていたがちょっと心配だ」と言った。

キム・ユジュは「小さい赤ちゃんもいるし、大きい赤ちゃんもいる。先生も大きな問題ではないと言った」と答えた。

ピョン・ジュニョンは「でもユジュさん最近も無理をしているようだ。早く休職するのはどうか」と提案した。それとともに「赤ちゃんが小さいという言葉もちょっと心配だし、ユジュさんの体も心配だ。ミヨンにユジュさんの仕事が多くて大変だと聞いた。さらにユジュさんはチーム長なのでするべき仕事がより多いと言っていたが、どうせ数ヶ月後には育児休暇を取るのだから、もう少し早く休職するのはどうか」と説明した。

キム・ユジュは「休職?それ退職の他の言葉だ。いったいみんな私になぜそうなのか。死ぬ病気にかかったわけでもないのに、なぜ何度も仕事を辞めろと言うのか」と声を高めた。続いてピョン・ジュニョンが心配だからだと言うと、「誰が心配してくれと言ったのか。心配する必要はない。私は妊娠中の女性だが患者ではない。私は妊娠をしても、私の仕事を十分にすることができる能力のある会社員だ」と言った。

ピョン・ジュニョンは「なぜ怒るのか。妊娠に関連する話をしたら、鋭く気が立つがそれは良くない。すでに12週目なのにうちの子の胎名も決まっていない。ユジュさんはお腹の子どもに関心があるのか」と言った。キム・ユジュは口をぎゅっと閉ざし沈黙した。
  • 毎日経済スタートゥデイ キム・イェリン客員記者/写真=KBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-06-18 21:00:06