チョ・ダルファンとイ・ミド、突然の降板に当惑…「町の弁護士チョ・ドゥルホ2」側は「予定通り」


チョ・ダルファンとイ・ミドが『町の弁護士チョ・ドゥルホ2』から降板するというニュースが伝えられた中で、放送局と俳優の立場が分かれている。

14日、KBS2の月火ドラマ『町の弁護士チョ・ドゥルホ2』に夫婦として出演中のチョ・ダルファン(アン・ドンチュル役)と、イ・ミド(オ・ジョンジャ役)が降板するというニュースが伝えられた。

2人の降板理由に関心が集まっている中でKBS側は「チョ・ダルファンとイ・ミドの2人はストーリー上、中盤まで登場する予定」とし「エピソード形式のドラマであるため、企画から主演俳優たちの話を中心に構成されており、今後も話の流れ上、新しい人物が投入されたり退場することになるだろう」と明らかにした。

エピソード形式のドラマであるだけに、2人がドラマの流れ上、自然に降板することになったというのがKBS側の立場。しかし、チョ・ダルファンとイ・ミド側は突然の降板通知に困惑している。

チョ・ダルファンとイ・ミドの所属事務所J,WIDEカンパニーの関係者は毎日経済スタートゥデイに「突然、降板の通知を受けた。このように早期に作品から降板することになるとは知らず戸惑い、困っている」としながら「作品に参加する前に(早期降板と関連して)具体的な話はなかったと聞いている」と付け加えた。

チョ・ダルファンとイ・ミドの『町の弁護士チョ・ドゥルホ2』降板をめぐって双方の立場が対立している中で、再び物議をかもした『町の弁護士チョ・ドゥルホ2』に関心が集中している。

一方、『町の弁護士チョ・ドゥルホ2』は売れっ子検事のチョ・ドゥルホ(パク・シニャン)が検察の不正を告発して地獄に落ちた後の人生第2幕を描いたドラマだ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-14 11:04:18