トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」最終回①あらすじ チ・チャンウク&ナム・ジヒョン、ハッピーエンド

「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」最終回①あらすじ チ・チャンウク&ナム・ジヒョン、ハッピーエンド

「怪しいパートナー」39・40話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」最終回①あらすじ チ・チャンウク&ナム・ジヒョン、ハッピーエンド
『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』チ・チャンウクとナム・ジヒョンが復縁した。チェ・テジュンとHELLOVENUSナラもカップルになった。ハッピーエンドだった。

13日の午後に放送されたSBS水木ドラマ『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』の最終回は、すべてが日常に戻った。

ノ・ジウク(チ・チャンウク扮)とウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン扮)は復縁し、殺人犯チョン・ヒョンス(ドンハ扮)は無期懲役を言い渡された。

チョン・ヒョンスのせいで殺人犯にされたボンヒは無罪になり、お祝いを受けた。再び訪れた平和にボンヒは不安だった。ノ・ジウクとの関係が良くなるほど良くないことが起こるためだ。

ボンヒはジウクを避け、自身を訪ねてきたジウクに「お互いに付き合って好きでキスをしたら、何か起こって狂って、誰かが必ず怪我をして、結局私たちは別れるべきだった。だから逃げた」と胸の内を打ち明けた。

しかし、ジウクは「分かるけど付き合おう。君と別れるのが怖い」と積極的に愛情を表し、ボンヒは彼の心を受け入れた。

普通の恋人になった2人は、ラブラブな生活を送り仕事に生きていたが、ジウクはボンヒにプロポーズをして実を結んだ。

チャ・ユジョン(HELLOVENUSナラ)とチ・ウニョク(チェ・テジュン扮)もお互いの心を確認して、恋人関係に発展した。ウニョクに気持ちがあったナ・ジヘ(キム・イェウォン扮)は苦々しく思ったが、ユジョンとウニョクは、これまでの息苦しさを解消して、愛を育てていった。

事件の元凶チャン・ムヨン(キム・ホンパ扮)とチョン・ヒョンスはそれぞれ法の裁きを受けて、彼らの生活の中から離れていった。ハッピーエンドだった。

『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』は、頭脳明晰な知的セクシー弁護士ノ・ジウク(チ・チャンウク扮)とどこまでもポジティブなアウトサイダー弁護士ウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン扮)が謎の事件を介してお互いに惹かれ合うドキドキ蟻地獄ロマンスドラマだった。連続殺人というスリラーの要素が絶妙に結合されて、新しい楽しさと見どころを抱かせた。

後続ではヨ・ジング、イ・ヨニ、アン・ジェヒョン、イ・シオンなどが出演する『再開した世界』(脚本イ・ヒミョン、演出ペク・スチャン)が19日から放送される。


「怪しいパートナー」最終回②あらすじ スリラー融合ロマンス…チ・チャンウク&ナム・ジヒョン&ドンハ大活躍


  • 毎日経済スタートゥデイ チン・ヒョンチョル記者/写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-07-14 07:30:00