トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「お父さんが変」43話 イ・ジュンがキム・ヨンチョルを許すことを決意

「お父さんが変」43話 イ・ジュンがキム・ヨンチョルを許すことを決意

「お父さんが変」43話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「お父さんが変」43話 イ・ジュンがキム・ヨンチョルを許すことを決意
イ・ジュンがキム・ヨンチョルを許すことを決意した。

29日放送されたKBS2週末ドラマ『お父さんが変』43話では、ピョン一家の家族によりイ・ジュン(アン・ジュンヒ扮)の心の中にあったわだかまりが少しずつ解かれる姿が描かれた。

アン・ジュンヒ(イ・ジュン扮)はピョン・ハンス(キム・ヨンチョル扮)が自分のために準備した心のこもった弁当を見て気持ちが複雑になった。しばし弁当を見つめて思いにふけったアン・ジュンヒはサンドイッチを食べ始め、嵐のようだった裏切りの気持ちに包まれていた心の傷が少しだけ良くなったことを予感させた。

そんな中、屋上に集まって和気藹々とした時間を過ごすピョン一家の兄妹たちを見つめていた彼は、彼らと共にした幸福な瞬間を思い返した。集まって座りアン・ジュンヒの記事に書き込みをしている家族たちからは温かな情が感じられ、そんな家族たちの愛は見る人々を笑顔にさせただけでなく、彼の凍った心まで動かした。

こうして恨みと怒りを少しずつ解かれていくと、ピョン・ハンスの本心がアン・ジュンヒにも伝わった。一点の恨みもないとは言えないが、彼はピョン・ハンスを許すことを決意、どうしようもない傷と悔しさに涙を流すアン・ジュンヒの姿は切なさを抱かせた。

ついに彼はピョン・ハンスに「このまま私の父親の名前で生きてください」と気持ちを打ち明けた。「初めて家族の情を感じ幸せだった」とし「私からまた家族がいなくなったという事実にとても怒りがこみ上げ悲しかった」というアン・ジュンヒの言葉は視聴者の心情をつらくさせると同時に、彼の状況に感情移入させた。

本人の痛みを背にし、ピョン一家を傷つけたくないという気持ちを見せる部分からは家族たちの温かな愛情が彼をそれほど成熟させ変化させたということが分かった。回を重ねるごとにピークに向かうイ・ジュンの吸引力の強い演技は日に日に期待値を上昇させている。このため今後彼が見せる多彩な姿にも関心が集まっている。

ついにピョン一家のもとを去ったイ・ジュンと家族たちの関係にどのような変化が生じるのか注目されるKBS2週末ドラマ『お父さんが変』44話は30日夜7時55分から放送される。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=KBS2放送画面キャプチャー
  • 入力 2017-07-30 09:41:27