トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「お父さんが変」アン・ヒョソプ、放送終了所感…「家族の大切さ、愛と理解を学んだ」

「お父さんが変」アン・ヒョソプ、放送終了所感…「家族の大切さ、愛と理解を学んだ」


  • 「お父さんが変」アン・ヒョソプ、放送終了所感…「家族の大切さ、愛と理解を学んだ」
『お父さんが変』アン・ヒョソプが心から放送終了所感を伝えた。

話題と人気の中、幕を下ろした『お父さんが変』では、2017年上半期新大勢男として挙げられるアン・ヒョソプがサッカーコーチのパク・チョルス役で出演して大きな期待を集め、特にアンヒョソプ - リュ・ファヨンにつながる「ゼリーカップル」の呼吸が視聴者にときめきをもたらした。

10代から中壮年層まで全家族の愛を受けながら成功で幕を下しながら多くの愛を受けた『お父さんが変』で、アン・ヒョソプは相手役のピョン・ラヨン(リュ・ファヨン扮)との愛はもちろん、父親パク会長(イ・ビョンジュン扮)との理解を得ながらドラマのフィナーレを飾った。

所属事務所スターハウスエンターテイメントを通じて「『お父さんが変』を通じて愛と理解を学んだ」と放送終了所感を伝えたアン・ヒョソプは「7か月を超える期間、ドラマのように愛と理解を自ら見せてくださった監督、俳優たちはもちろん、夏にともに汗を流したスタッフ、目に見えないところで苦労した作家と関係者に大きな愛を送ってくださった視聴者の方まで、もう1つの家族とともに走ってきたようだ。僕に意味のある重要な教えを与えてくださったすべての方々ありがとうございます」と心から言葉を伝えた。

アン・ヒョソプが言った理解と愛の意味はドラマのあちこちに隠れていた。サッカー愛、ラヨン愛を見せてくれながら自身の意志を曲げなかったパク・チョルスが父親とぶつかる過程を介して、最終的に自身の夢はもちろん愛まで理解を得た。結局愛が相手に信頼と希望を与える繋がりとして作用して理解を呼び起こしたことを自ら示したのだ。

これに行き違った父子の間でもサッカーという夢はもちろん、ラヨンとの愛をあきらめずに自身の意志を貫くまっすぐな男性を言葉が必要ないアン・ヒョソプだけのチョルスで表現した。特に消化しにくいタナカ体の話し方を世界で一番優しい告白で恋愛初心者のみずみずしさを隠すことない感情表現で切なさと貞烈の間の若い青春たちをきれいな絵で描き出すのはもちろん、チョルスとラヨン、2人だけの容易ではない急峻な愛の開始から誤解、理解、許可に至る様々な段階の心を一瞬にも立体的な説明を果たし、視聴者の応援を導いた。

劇中チョルスが愛と理解を通じて成長したようにアン・ヒョソプもまた、『お父さんが変』を通じて俳優として長い呼吸の作品を終わらせながら重要な教えはもちろん期待と人気の両方を得ることに成功した。長い呼吸を終わらせながら、新たに始まった2017年アン・ヒョソプの歩みが期待される。
  • MBNオンラインイシューチーム/ 写真=スターハウス提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-28 10:01:28