トップ > エンタメ > スターニュース > イム・シワン-イ・ジョンソク-ジュノまで子供時代演じるナム・ダルムに注目

イム・シワン-イ・ジョンソク-ジュノまで子供時代演じるナム・ダルムに注目


  • イム・シワン-イ・ジョンソク-ジュノまで子供時代演じるナム・ダルムに注目
ナム・ダルムが積み重ねている他ならぬフィルモグラフィーが視線を集める。トップ俳優の子役を引き受け、今後歩んでいく俳優人生の花道を予告している。

今年で16歳、デビュー8年目を迎えるナム・ダルムは『記憶』、『鬼<トッケビ>』など30本を越えるドラマと『群盗』、『許三観』など4本の映画に出演し、他の成人俳優に劣らない力強いフィルモグラフィーを積み上げた。中でもユ・アイン、イ・ジョンソク、カン・ドンウォン、イム・シワン、ジュノなどそうそうたるトップスターの幼少期役を演じて大衆に印象を残した。子役時代を描く作品の場合「ナム・ダルムを捕まえろ」という言葉が出るほど名実共に「キャスティング優先順位1位」俳優として位置づく。

『六龍が飛ぶ』を通じてイ・バンウォンという人物を共に演じたユ・アインは「キャラクターの感情起伏も大きく、精密な部分まで表現せねばならない役割だが、とても素晴らしく消化してくれたようで嬉しく、また一方ではプレッシャーにもなる」とし「ナム・ダルムが少年イ・バンウォンの基礎をしっかり準備してくれたようで感謝し嬉しい」と高く評価した。

『群盗』のチョ・ユンのキャラクターで縁を結んだカン・ドンウォンはユン・ジョンビン監督に「これまでやってくれた子役の中で自分と一番似ている」とし「まるで子どもの頃の写真を見ているようにしっかり選んでくださった」と愛着を表したりもした。

撮影の真っ最中であるJTBC『ただ愛する仲』を通じてジュノは「ダルムが僕の子役をしてくれ感謝している」と自身の撮影分がない初撮影現場を訪問して和やかな雰囲気を作ったと伝えられた。

ナム・ダルムの良い俳優としての成長の可能性は時間が過ぎるほどに頭角を現している。愛らしい子どもから良い眼差しを含んだ少年としての変わりないビジュアル成長を見せており、幅広い感情線を盛り込んだ意演技力まで加わり、しっかり育った子役のバロメーターとなっている。今年だけでも『恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~』、『王は愛する』、『あなたが眠っている間に』、『ただ愛する仲』まで4本の作品に連続してキャスティングされ、撮影中に次期作を検討しているほど忙しい活動を続けている。

ナム・ダルムは「尊敬する先輩方とひとつの人物を演技できることが毎瞬間感謝し嬉しい」とし「不足した部分が多いが、先輩方が引き継がれる演技に迷惑をかけないことを目標にしている。少しずつ成長する姿をお見せできるよう最善を尽くす」と話した。
  • MBNスター オンラインイシューチーム / 写真=YNKエンターテイメント | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-10-24 09:25:13