トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ただ愛する仲」8話 ジュノ-ウォン・ジナはすれ違い…イ・ギウは気持ちを告白

「ただ愛する仲」8話 ジュノ-ウォン・ジナはすれ違い…イ・ギウは気持ちを告白

「ただ愛する仲」8話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「ただ愛する仲」8話 ジュノ-ウォン・ジナはすれ違い…イ・ギウは気持ちを告白
『ただ愛する仲』イ・ギウがウォン・ジナに告白をした。一方、ジュノとウォン・ジナの甘いラブラインは試練が近づいてきた。

2日放送されたJTBC『ただ愛する仲』では、イ・ガンドゥ(ジュノ扮)、ハ・ムンス(ウォン・ジナ扮)、ソ・ジュウォン(イ・ギウ扮)の三人の本格的な三角ロマンスが開始される姿が描かれた。

ガンドゥは幻聴に苦しむ中でムンスを抱きしめて安堵した。二人は前日のぎこちなさもなく工事再開のための資材探しを開始させた。ガンドゥはすぐに工事を開始するため、一番最初に必要な資材が何かと尋ね、ムンスが資材を探すことを手伝った。二人は遂に資材を探し出し、ムンスがトラックで工事現場にやって来たお陰で工事もいち早く再開できた。

その時刻ジュウォンもまたムンスを訪ねて母親ユンオク(ユン・ユソン扮)により家にまで招待された。ジュウォンはムンスの代わりに銭湯の修繕をし、ユンオクはそんなジュウォンが気に入った。その後ムンスはユンオクからジュウォンが言えに来たという話を聞くこととなり、ユンオクはジュウォンが気に入っていると表現したが、ムンスは「代表は代表なだけ」だと答えた。

その後、おばあさん(ナ・ムニ扮)によりムンスとガンドゥは暖かな時間を再び作り出すことができ、甘い雰囲気を形成した。しかしそんな雰囲気も暫しだった。二人は現場でイ課長(キム・ジヌ扮)と出会い、ガンドゥは父親が事故で死亡した被害者ではなく殺人者だと侮辱する言葉に遂に拳を飛ばした。ガンドゥはムンスに説明すると話したが、ムンスは彼を振り払った。

喧嘩を目撃したジュウォンは翌日ムンスにガンドゥもまた被害者であることを知っていたが、真実を黙認し食事を提案した。しかしムンスはガンドゥがうどん屋で待っているというメッセージを確認し、ジュウォンの言葉に集中することができなかった。結局ジュウォンの車に乗ってガンドゥがいる場所に向かうことになり、ガンドゥは店から出たところで二人が共にいる姿を発見した。

ジュウォンはムンスを送り「僕が今日何を話したか憶えているかな。気分が悪かった。ムンスさんが僕の前で他の人のことを考えるのが嫌だ。気分が悪い」と告白した。ガンドゥはジュウォンがムンスに告白する言葉まで聞いてしまった。
  • MBNスター オンラインイシューチーム / 写真=JTBC放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-01-03 01:02:35