トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ただ愛する仲」ジュノxウォン・ジナ、切ない視線の交差…2幕の始まり

「ただ愛する仲」ジュノxウォン・ジナ、切ない視線の交差…2幕の始まり


  • 「ただ愛する仲」ジュノxウォン・ジナ、切ない視線の交差…2幕の始まり
ジュノとウォン・ジナが『ただ愛する仲』にて深まった感性の第2幕を予告した。

総合編成チャンネルJTBC月火ドラマ『ただ愛する仲』側は8日、ジュノとウォン・ジナが船着場で哀切な眼差しで見詰め合う姿を公開した。

前回までの放送にてガンドゥ(ジュノ扮)とムンス(ウォン・ジナ扮)は互いの傷を癒し、慰労しながら誰よりも近づいた。しかし過去にガンドゥの父親が鉄筋に抜き去っていたという事実が明らかになり、二人の関係に危機が訪れた。ここにガンドゥがジュウォン(イ・ギウ扮)がムンスに告白するところを目撃し、三角ロマンスに火が付いた。

公開された写真の中でガンドゥとムンスが互いに切実な眼差しで見詰め合っており、一層深まった感性を披露する第2幕の雰囲気を伝えている。悲しそうな表情で立っていたガンドゥはムンスを見つけて驚きながらもすぐに決意を固めたように力強い眼差しでムンスを見つめる。すぐにでも涙を流しそうなムンスの瞳からはガンドゥに向かう哀切な感情が込められている。ガンドゥとムンスの視線がぶつかる瞬間の緊張感と感情の波動がしっかりと伝わり、二人が船着場で向き合うことになるエピソードに関心が寄せられる。

この場面は積み重なった誤解によりすれ違う中で深まったガンドゥとムンスの感情が正面から向き合う場面で、自分の感情を自覚した二人の選択が描かれる予定だ。ガンドゥとムンスの感情は運命的な刹那の導きではなく、互いを慰労し少しずつ積み重ねてきた感情がより深い響きを披露してきた。こうしたガンドゥとムンスの絆に決定的な役割を果たす事件が巻き起こることで一時も目を離すことができない展開が繰り広げられる展望だ。

『ただ愛する仲』制作陣は「ガンドゥとムンスの感情が高まり、二人のロマンスケミも徐々に光を発している。2幕の扉を開く9話から切々とした感情線が胸を締め付ける予定だ。二人が別れを迎えることになるのか、見守って欲しい」と伝えた。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真=セルトリオンエンターテイメント | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-01-08 10:01:00