トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「憎くても愛してる」40話 イ・ドンハ、ピョ・イェジンに決別宣言…イ・ビョンジュンの取引受け入る

「憎くても愛してる」40話 イ・ドンハ、ピョ・イェジンに決別宣言…イ・ビョンジュンの取引受け入る

「憎くても愛してる」40話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「憎くても愛してる」40話 イ・ドンハ、ピョ・イェジンに決別宣言…イ・ビョンジュンの取引受け入る
『憎くても愛してる』イ・ドンハがイ・ビョンジュンの取引を受け入れ、ピョ・イェジンに別れを告げた。

8日に放送されたKBS1連続ドラマ『憎くても愛してる』で、キル・ウンジョ(ピョ・イェジン扮)が変心したピョン・ブシク(イ・ドンハ扮)に振られた姿が描かれた。

この日、キム・ヘンジャ(ソン・オクスク扮)はチャン・ジョンスク(パク・ミョンシン扮)がチョン・グンソプ(イ・ビョンジュン扮)の前妻だったという事実を知って大きく驚いた。さらに悪いことにキル・ミョンジョ(コ・ビョンワン扮)とチョン・インジョン(ユン・ジユ扮)の熱愛事実が明らかになった。チョン・インウ(ハン・ヘリン扮)とキル・ウンジョが道で遭遇し、このすべての関係がばれてしまった。

キル・ウンジョとキル・ミョンジョ姉弟は、キム・ヘンジャが付き合うチャン・グンソプがチョン・インウとチョン・インジョン姉妹の父親だという事実を知って驚愕した。

キル・ウンジョはチョン・インウに別途に会い、「すべてを知っていたのか。それでそのようなことを言っていたのか。日陰が日向になり日向が日陰になると?」と問い詰めた。続いてキル・ウンジョは「おばさんはともかく、ミョンジョはだめだ」と声を上げた。これにチョン・インウも「私も私の父に反対した」と言うと、キル・ウンジョは「幸いだ。これ以上絡むことがなければいい」と答えた。キル・ウンジョが席を立つとチョン・インウは「なにがどうなっているかも知らないのに、毎度何があのように偉そうなのか」と独り言を言った。

キム・ヘンジャはキル・ウンジョ-キル・ミョンジョ姉弟を一日も早く養子にしようと急いでいた婚姻届を初めて後悔した。また、キル・ウンジョン(チョン・ミソン扮)はキム・ヘンジャがチョン・グンソプとすでに婚姻届を出したという話を聞いて怒りを爆発させ、チョン・グンソプがキム・ヘンジャのものすごい財産を横取りするかと思い戦々恐々した。結局キム・ウンジョンはキム・ヘンジャにキル・ウンジョ姉弟と一緒に旅行に行くように薦め、自分だけの計画を準備した。

そうかと思えば、チョン・グンソプが本性を現わした。彼はピョン・ブシクを呼び「現在、俺はキム・ヘンジャの法的夫だ」とし、「キル・ウンジョ、キル・ミョンジョの養子縁組を絶対にしない」と宣言した。彼は「キム社長を説得して新しい事業をする。説得には自信がある。天下のキム・ヘンジャでも超えられないだろう」と抱負を明らかにした。チョン・グンソプは「もう一つ。センターの仕事はインウが適任者だ。だから二股はやめてインウ側につけ」とピョン・ブシクを説得した。

しかし、ピョン・ブシクは「キム社長、あまり甘く見るな。そうするうちに大きな鼻が怪我する」と懸念を示した。これにチョン・グンソプは「お前がインウ側に付くなら、キム・ヘンジャのすべての財産を夫婦共同名義でゆっくりと、一つ一つ変えるつもりだ」と黒い本音を現わした。

一方、ホン・ソクピョ(INFINITEソンヨル扮)は新製品の開発のために化粧品研究所に行き、ク・ジョンヒ(ソン・ユヒョン扮)の妨害で資金調達に行き詰まり危機を迎えた。以来、彼は偶然出会ったキル・ウンジョにはいまだ自分がジーニアス代表だという事実を明らかにできないまま「面接を受けたが落ちた」と言い逃れ、キル・ウンジョの車を得て乗った。

以後、キル・ウンジョは目的地に到着したがぐっすり眠っているホン・ソクピョをどうしても起こすことができず切なく眺めた。ちょうど2人が一緒にいる姿を目撃したピョン・ブシクが、「今何をしているんだ。ウンジョさんは本当にずうずうしい」と怒った。これにキル・ウンジョは「ブシクさんも知っている女の子に頻繁に会いながら、私が何が間違ったのか」と対抗し、「私が知っていたブシクさんなのか。他人のようだ。これまで大変な中で私に合わせてくれたのか」と声を上げた。その様子を見守っていたホン・ソクピョは静かに席を外した。

その夜、ピョン・ブシクはチョン・グンソプの提案にキル・ウンジョとチョン・インウをめぐって深い悩みに陥った。結局、彼はキル・ウンジョを呼び「初めにウンジョさんが興味深い人だった。面白くて新しかった。あの時は無理に合わせたのでは絶対になかった」と話した。これにキル・ウンジョが「でも今は?問い詰めてわがままだから疲れて。誰のように理解しようとせず。だから関心がなくなったのか」と問いただすと、ピョン・ブシクは「そうだ。そんな気持ちでこれ以上ウンジョさんと一緒にするのは意味のないと思う。このへんでやめよう」と指輪を返し、別れを告げた。
  • スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者 / 写真=KBS1放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-01-08 21:18:32