トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ただ愛する仲」15話 ウォン・ジナがジュノのもとを去る

「ただ愛する仲」15話 ウォン・ジナがジュノのもとを去る

「ただ愛する仲」15話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「ただ愛する仲」15話 ウォン・ジナがジュノのもとを去る
『ただ愛する仲』ウォン・ジナがジュノのもとを去った。

29日放送されたJTBC月火ドラマ『ただ愛する仲』では、ハ・ムンス(ウォン・ジナ扮)がイ・ガンドゥ(ジュノ扮)を引き離す姿が描かれた。

この日ムンスは崩壊事故現場にて自分を助けて閉じ込められた人物がガンドゥだったという事実を知った。彼女は真実を知った衝撃からガンドゥのそばを離れようとしたが、ガンドゥは「お前がこうして行ってしまえば二度と俺と会わないじゃないか」とムンスを引き止めた。

これにムンスは「あなたは私を見ても何ともないの?」と尋ね「あなたではなく私が先に出なければいけなかった。そうすればあなたがあそこに閉じ込められることも、ソンジェお兄さんの声が聞こえることも、あなたの足がそうなることもなかった」と声をあげた。

ガンドゥはムンスがすべての理由を自分のせいにすると「お前がそんなにすごいのか?全部お前のせいなのか?人間が死ぬことがお前のせいなのか?世の中の面白くないことはお前のせいか?お前が聞いても違うだろう。だから二度とそんな考えはするな」と彼女を説得した。

そうしながらもガンドゥは「俺はお前と一日でももっと幸福でいたい。悔しくて、何倍も面白くないといけない」と話した。しかしムンスは「私は自分が醜い」とし「あなたを見れば苦しい。昔のことが思い出されて、何度も自分が憎くなる」と話してガンドゥのもとを去った。
  • スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者 / 写真=JTBC放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-01-29 23:26:43