ピョ・イェジン「『キム秘書がなぜそうか』2PMチャンソンとロマンス、不思議だった」


ピョ・イェジン(26)は先月26日、惜しまれつつ最終回を迎えたtvN水木ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』になくてはならない人物だった。ピョ・イェジンはドラマの中でイ・ヨンジュン(パク・ソジュン)とキム・ミソ(パク・ミニョン)カップルを最も近くで見守る付属室の新入秘書キム・ジア役を演じて思いがけず2人の関係を進展させ、恋愛に火をつける役割をしっかりと果たした。

ピョ・イェジンは毎日経済スタートゥデイと進行した『キム秘書はいったい、なぜ?』放送終了インタビューで「『キム秘書はいったい、なぜ?』は視聴率も良く話題にもなって反応が良かったです。プレゼンのような作品でした。このような現場に再び出会えるのかと思うほど良い現場でした。良い記憶だけが残っています」と名残惜しい気持ちを伝えた。『キム秘書はいったい、なぜ?』は財力、ルックス、機知に富んでいてすべてを備えているものの自分に酔いしれているナルシストの副会長イ・ヨンジュン(パク・ソジュン)と彼を完璧に補佐してきた「秘書界のレジェンド」キム・ミソ(パク・ミニョン)がカップルになってていく過程を描いたラブコメディドラマだ。ピョ・イェジンはキム・ミソと同じ「キム秘書」の役を引き受けて意欲あふれる新社会人の会社適応過程からワーカホリックな完璧男とのコミカルなラブラインまで消化して演技のスペクトラムを立証した。

ピョ・イェジンは「実はドラマでこれほど重要な役を引き受けることになるとは知りませんでした」と告白した。 「台本にはキム・ジアについて新入秘書程度にしか説明されていませんでした。事件を大きくする程度だと思っていました。キム・ミソのキム秘書と差別化されていました。以前、客室乗務員の仕事をしていたときや、現場を初めて体験したときのことをたくさん考えながら演じました。私も似たようなことをたくさん経験しました。ジアがミソを見ているように私もパク・ミニョンさんに似たかったので、その姿を見て真似ようと思いました」

ピョ・イェジンはコ・グィナム役を演じたファン・チャンソンとのロマンスを見せた。2人は会社の同僚でありご近所さんでライバルのような仲だったが、徐々にお互いの事情を知った後からは好感を持って、最終的にユミョングループ内のもうひと組みの社内カップル誕生を知らせた。

ピョ・イェジンは「ラブラインがあるということは最初から知っていました」と話した。「コ・グィナムというキャラクターがいることは知っていました。グィナムと牙を向け合うような状況から恋人へとつなげることができるのか心配でした。好感を持っていてこそロマンスへとつながるのに、最初からお互いを嫌っています。それでもできると信じて待ちました」

チャンソンはアイドルグループ2PMのメンバーで多くの愛を受けている。ピョ・イェジンはアイドルとロマンス演技をしたことについて「とても不思議でした。チャンソン兄さんがとても頑張るスタイルなので、いざ演技をする時はアイドルだとは全く考えませんでした。ただ私と一緒に演技するお兄さんで、ファンミーティングも行って公演もするといった感じでした」と言って笑った。

「付属室メンバー同士、チャンソンお兄さんが出演するミュージカル『スモーク』を見に行ってきました。とてもかっこよくてびっくりしました。私も舞台で演技をしてみたいと思いました。歌が下手なのでミュージカルはできないですが、演劇はしてみたいです」
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=カン・ヨングク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-08-11 05:01:01