トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「輝く星のターミナル」29・30話 危機に直面したイ・ジェフン…イ・ドンゴン&チェ・スビン、どちらが彼を救うか

「輝く星のターミナル」29・30話 危機に直面したイ・ジェフン…イ・ドンゴン&チェ・スビン、どちらが彼を救うか

「輝く星のターミナル」29・30話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「輝く星のターミナル」29・30話 危機に直面したイ・ジェフン…イ・ドンゴン&チェ・スビン、どちらが彼を救うか
『輝く星のターミナル』でイ・ジェフンがユン・ジュマンの一味のターゲットになった。

20日に放送されたSBS月火ドラマ『輝く星のターミナル』ではイ・スヨン(イ・ジェフン)がチョ部長(ユン・ジュマン)の一味に脅迫されながら再び危機を迎えた姿が描かれた。

この日、チョ部長は回復は不可能と言われていたイ・スヨンがどのように回復したのか疑問を抱いた。彼は「どうしてこんなに元気になったんだ?先日、私の知り合いを君がめちゃくちゃにしたみたいだ。今日、君の実力を見てみよう」と言い卑劣笑みを浮かべた。

続いて彼の手下たちがイ・スヨンを囲み暴力を振るった。イ・スヨンはウェアラブル歩行補助物の副作用のため炎症の数値が高い中、無理をして怪力を使い、これを確認したチョ部長が驚愕した。以後、ハン・ヨルムは傷を負ったイ・スヨンを彼の家に連れて行って治療してあげた。ハン・ヨルムは大げさに痛がるイ・スヨンに「お母さんが男は愛を始める時までは男だけど愛を確認した瞬間、子どもになるって言っていました」とイ・スヨンをからかった。これにイ・スヨンは怒ってしまったことを謝罪し、ハン・ヨルムは「付き合ったら怒ったり、反抗したりしてもいいんじゃないですか」と言った。

イ・スヨンはハン・ヨルムの笑顔を見て、「寝て行く?寝て行きなよ」と言いときめきをかもし出した。慌てたハン・ヨルムがその場から立つとイ・スヨンが「行ってしまうのか?」と切なく見つめた。これにハン・ヨルムがイ・スヨンの頬にキスをして一層深くなった愛を見せた。

ソ・イヌ(イ・ドンゴン)はイ・スヨンが心配になって駆けつけたが、明かりがついている部屋を見て安心して帰った。続いて、チョ部長が電話でイ・スヨンについてた尋ねるとソ・イヌは「そいつが誰なのか分からない」と電話を切った。その時刻、イ・スヨンはさらに深刻になった体の状態を確認し、死ぬ可能性があると言ったミスター・チャン(パク・ヒョクグォン)の言葉を思い出して気持ちが沈んだ。

次の日、イ・スヨンと会ったソ・イヌは「ただ逃げればよかったのに。お前が何の逆鱗に触れたか知らないだろう。あいつらに見つからない所に逃げるか、またはひざまづけ。執拗で粘り強いやつらだ。最後までお前を追いかけてつらい目に遭わせるだろう」とチョ部長の一味を警戒しろと言った。

一方、オ・デギ(キム・ギョンナム)はナ・ヨンジュ(イ・スギョン)と距離を置き、「先輩らしくなく気持ちを表わした。君も大丈夫で僕も大丈夫な適当な線を探しているんだ」と適当な線を見つけるまで理解してほしいとお願いした。これにナ・ヨンジュが「私のどこが好きなんですか?」と尋ねると、オ・デギは「無愛想なところも好きだし、冷たいところも可愛いと思う。君のすべての行動が全部好きだ」と答えた。続いて、「ごめん。僕がまた線を超えてしまった。それでもありがとう。このように話す機会を与えてくれて」と言った。ナ・ヨンジュは心からのオ・デギの告白に心が動いた。

イ・スヨンの健康は急激に悪化した。彼は気を失って倒れてコ・ウンソプ(SF9 ロウン)に助けられ、ハン・ヨルムとの勤務中にも鼻血を出してウェアラブル歩行補助物の副作用が体に苦しんだ。ハン・ヨルムはトイレの前でイ・スヨンを待っていたが、彼は黒いスーツを着た男たちに囲まれていた。

イ・スヨンが危機に瀕していると直感したハン・ヨルムはすぐにセキュリティチームのオ・デギとナ・ヨンジュに知らせた。チェ・ムジャ(イ・ソンウク)は報告を受けて防犯カメラを確認し、チョ部長の一味に連れて行かれるイ・スヨンの姿を見つけた。その中の1人は以前、ハン・ヨルムを凶器で刺した人物だった。

チョ部長の一味に囲まれていたイ・スヨンはオ・デギに「どいてください。僕の仕事です。自分で解決します。ここで、衝突したら他の人たちが傷を負ってしまうかもしれない」とお願いした。これにオ・デギが「どくことはできない。イ・スヨンさんを空港から出すなという指示を受けた」と言った。この時、黒い車が現れイ・スヨンを包囲し危機感をかもし出した。

その時刻、チェ・ムジャはソ・イヌにチョ部長がなぜしきりにイ・スヨンに手を出すのか追及した。続いて、彼は「今、チョ部長の一味が空港まで来てイ・スヨンを連れて行った」と伝えた。これにソ・イヌが驚きヤン・ソグン(キム・ジス)も事実を知ることになった。

この時、ソ・イヌは「イ・スヨンは私が連れてきます。一旦、彼をそのまま送ってください。空港で騒ぎを起こさないで下さい」とし「対抗して騒動になっても、彼らに失うものはない。私たちは空港の中で暴力事件が起こってしまえば大問題になる」と説得した。特に、彼は「スヨンは死にません。今度は絶対に逃げません。だから私を信じて彼を送ってください」と言った。これにセキュリティチームはチェ・ムジャの撤退命令を受け、イ・スヨンは再び危機に直面した。

そんな中、ハン・ヨルムの連絡を受けて駆け付けたミスター・チャンが「これでスヨンを止めることができる」とハン・ヨルムに何かを渡した。果たしてソ・イヌ、ハン・ヨルムはイ・スヨンを危機から救い出すことができるのだろうか。
  • 毎日経済 スタートゥディ ホ・ウンギョン客員記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-11-20 23:20:10