トップ > エンタメ > スター写真 > ピ(RAIN)「アイスバケットチャレンジ」参加と同時にALS研究に1億寄付

ピ(RAIN)「アイスバケットチャレンジ」参加と同時にALS研究に1億寄付

所属社キューブのホン・スンソン会長の病名を明かす 

  • ピ(RAIN)「アイスバケットチャレンジ」参加と同時にALS研究に1億寄付
歌手兼俳優RAIN(ピ、本名チョン・ジフン)がルー・ゲーリック病(ALS)治療新薬開発のための研究に1億ウォンを寄付した。加えて所属社キューブエンターテイメントホン・スンソン会長の病名が「ルー・ゲーリック病」であることも彼が公式に明かした。

ルー・ゲーリック病患者たちを助けるための「アイスバケットチャレンジ」が最近活発に進行されている中で、RAINもやはりこのキャンペーンに23日参加した。この日キューブエンターテイメント公式Youtubeチャンネルを通じて公開された動画でRAINは「アイスバケットキャンペーンに参加する気分が本質的にとても意義深い。私を『ピ』という名前でデビューさせてくれた師匠であり父親のような方がこのルー・ゲーリック病により3年闘病中だ。つねにどうすれば助けてくれた恩と感謝を表現できるか悩んでいた」と告白した。

ホン・スンソン会長はこれまで闘病中だという事実が明かされていたが、病名については明文化されていなかった。いくつかの「説」だけがあっただけで所属社はこれをあえて明かさなかった。RAINがホン会長に対する尊敬と真心を込めて初めて公開したものだ。

RAINは「現在国内の某大学病院でルー・ゲーリック病の新薬の開発中である。良い意味で寄付したい」とし「これからもたくさんの関心を抱えることができる皆さんと私となれれば嬉しい」と願った。

またRAINはアイスバケットチャレンジの次の参加者として歌手PSY、俳優イ・ビョンホンとハリウッドスターのミーガン·フォックスを指名した。
  • スタートゥデイ_チョ・ウヨン記者
  • 入力 2014-08-23 15:37:20