FTISLAND チェ・ミンファン、きょう現役で入隊 常勤予備役に


双子を授かって3児のパパになったグループFTISLANDのチェ・ミンファン(27)が今日(24)現役で入隊し、常勤予備役として服務する。

チェ・ミンファンはこの日の現役入隊後、5週間の基礎軍事訓練を受けてから常勤予備役として服務する予定だ。

チェ・ミンファンは去る2月11日午前、双子の娘アユンちゃんとアリンちゃんを授かった。これにより第1子の息子ジェユルくんまで3児の父親になった。

しかし、兵役問題が残っており、妻ユルヒ(22)に大きな負担が予想されていた状況。このため、チェ・ミンファンは昨年末から自宅から通勤服務可能な常勤予備役服務を検討してきたと伝えられた。

常勤予備役は現役兵として入営した人の中から選ばれた人が基本的な軍事教育訓練の後、常勤予備役として召集され、自宅から通勤して郷土防衛関連分野に服務する制度だ。子供を育てる人が常勤予備役を申請するケースがしばしばある。

チェ・ミンファンは2007年、FTISLANDの1stアルバム『Cheerful Sensigility』でデビュー、数々のヒット曲を発表した。チェ・ミンファンとユルヒは2018年1月に結婚予定であることを知らせ、5月に婚姻届を出して法的夫婦となった事実と第1子ジェユルくん誕生のニュースを伝えた。

10月には正式に結婚式を挙げた。2人はKBS2のバラエティ番組『家事する男たちシーズン2』に出演して視聴者たちの大きな愛を受けた。

一方、チェ・ミンファンの入隊によりFTISLANDはイ・ホンギ、イ・ジェジンを含めて3人が国防の義務に専念することになった。チェ・ミンファンは来る2021年9月に除隊予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-02-24 06:01:01