SMエンタ「ヒチョルは今でもSUPER JUNIOR、番組の編集で誤解与えた」


SMエンターテイメント側はヒチョルのSUPER JUNIORの活動中断と関連して立場を明らかにした。

所属事務所SMエンターテイメントの関係者は17日、毎日経済スタートゥデイに「ヒチョルは舞台に立てないだけで(SUPER JUNIORの)アルバムやコンテンツにはそのまま参加する」と明らかにした。続いて「ヒチョルは今でもSUPER JUNIOR」と明らかにし、「編集上、誤解を招くような表現がされただけ」と付け加えた。

ヒチョルは先立って韓国で16日に放送されたJTBCのバラエティ番組『77億の愛』で難病にかかったイギリス人の恋人との別れを受け入れることができないという韓国人女性の話を聞いて、「イギリス人の恋人の気持ちが理解できる」と明らかにした。

彼は「彼女がSUPER JUNIORのメンバーたちで、僕がイギリス人の彼氏の立場」とし「14年前に交通事故が起きて左足が粉々になった。走ることすらできなかった。舞台での活動とコンサートを続けていたが、6~7年前にすごく悪くなって病院に行ったところ、今後足を使えなくなるかもしれない、歩けなくなるかもしれない、と聞いた」と打ち明けた。

続いてヒチョルは「メンバーたちに、これ以上、チームの活動ができそうにない。ダンス歌手としての寿命は終わったと告げた。そのとき、メンバーが、そんなこと関係ない。舞台で踊らなくてもいい。みんなで行けば勝つことができる、と言ってくれたが、すごくありがたかったけどこれ以上は迷惑をかけたくなかった。僕はここまでだから他の方面で頑張って生きてみる、と僕は離れた状態だ」と明らかにした。

放送後、一部でヒチョルがSUPER JUNIORの活動を中断したのではという推測が続いた。しかし所属事務所側が「ヒチョルは今でもSUPER JUNIOR」と明らかにして単純な誤解であることが明らかになった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-03-17 14:27:31