キム・ミンジェ、新ドラマ主人公に確定 ピアニスト役


俳優キム・ミンジェが次期作としてドラマ『ブラームスはお好き』を選んだ。

13日、所属事務所YAMYAMエンターテイメントは「キム・ミンジェがSBSの新しい月火ドラマ『ブラームスはお好き』の主人公としての出演を確定した」と明らかにした。

『ブラームスはお好き』は才能と現実の境界でさまよって、それぞれの幸せを探していくクラシック音楽学徒たちの夢と愛を描いたドラマ。

キム・ミンジェは劇中、ピアニストのパク・ジュンヨンを演じる。クラシックについて全く知らないドライバー向け食堂を運営する夫婦の一人息子で、6歳の時に偶然ピアノに接し、早くから国内有数の音楽コンクールを席巻した後、様々な国際ピアノコンクールで優勝した人物だ。

特にキム・ミンジェはいつも自分より他人が優先で、何かを欲しがることに慣れていない人物を特有の細やかな感情演技で披露し、ドラマの中心をリードする予定だ。

これまで様々なドラマや映画を通じて確かな演技力で注目され、着実にラブコールを受けているキム・ミンジェが選択した作品であるだけに、彼が変身するピアニストのキャラクターと『ブラームスはお好き』に対する視聴者の関心がすでに熱い。

所属事務所側は「キム・ミンジェがピアニストのキャラクターのために昼夜を問わずピアノの練習に没頭している」とし「一味違うキャラクターでドラマに復帰するキム・ミンジェを楽しみにしていてひょしい」と伝えた。

『ブラームスはお好き』は今年の下半期に韓国で放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-04-13 09:59:48