イ・スンギ、新ドラマ「マウス」出演確定 来年放送予定


「あなたのお腹の中の子供が未来の殺人鬼?」

俳優イ・スンギが『マウス』で交番の新米警察官チョン・バルム役にキャスティングされた。

来る2021年の上半期に韓国で放送されるtvNの新しいドラマ『マウス』(脚本チェ・ラン)は胎児の遺伝子検査を通じて母親のお腹の中からサイコパスを選別することができるなら、あなたのお腹の中の子供がサイコパスだったら、あなたはその子を出産するのかという疑問から出発するドラマだ。

イ・スンギは『マウス』で交番の新米警察官であり、不義に対抗する自他共に認める正しい青年チョン・バルム役を引き受けて、前代未聞のキャラクターに挑戦する。劇中、チョン・バルムは全国を恐怖に震わせた生まれながらのサイコパス殺人犯との対峙の末に人生が根こそぎ変わる運命を迎える人物。『Vagabond/バガボンド』で高い評価を得たアクションドラマに続き、サイコパスのドラマという風変わりなジャンルに挑戦する。

何よりもイ・スンギは『噂のチル姫』で演技に足を踏み入れて以来、『華麗なる遺産』『キング ~Two Hearts』『九家の書』『花遊記』など様々なキャラクターを通じて変身を試み、しっかりとしたキャリアを築いてきた。

特に前作『Vagabond/バガボンド』では緻密で深い感情演技だけでなく、高難度のアクションまで完璧に消化、「代替不可イ・スンギ」と絶賛されてスペクトルの広い演技力を立証した。様々な魅力で「演技派俳優」として定評のあるイ・スンギが誕生させる、温かさと冷たさを行き来する新米警察官チョン・バルムというキャラクターがどんな姿なのか、期待が高まる。

制作陣側は「『マウス』はこれまでサイコパスを素材にしてきたドラマとは全く違う、独特の素材を含んでいる」とし、「これまで様々な方面で独歩的なカリスマと強靭な魅力を見せてきたイ・スンギがチョン・バルム役を通じてどんな演技変身を披露するのか、多くの関心お願いする」と伝えた。

一方、『マウス』は来る2021年上半期に放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-06-02 14:01:48