7月入隊のウ・ドファン、陸軍15師団に訓練兵として入所


俳優ウ・ドファンが7月6日、陸軍15師団に訓練兵として入所する。

ウ・ドファンは所属事務所を通じて来月6日、現役入隊のニュースを明らかにした。入隊発表当時、入隊場所は公開しなかったが、毎日経済スタートゥデイの取材の結果、彼は江原道華川郡にある陸軍15師団新兵教育隊に入所、基礎軍事訓練を受ける予定だ。

ウ・ドファンは入隊のニュースを知らせた後、自筆の手紙を介して「私の20代を見守ってくださって愛してくださって感謝している。おかげでとても幸せな20代を過ごすことができた」と感謝する気持ちを伝えて「元気に行って来て良い姿で挨拶したい」と覚悟を伝えた。

ウ・ドファンは1992年生まれで、今年韓国の年齢で29歳だ。2017年『君を守りたい ~SAVE ME~』『マッド・ドッグ~失われた愛を求めて~』、2018年『偉大な誘惑者』、昨年『私の国』などのドラマや、映画『MASTER マスター』『使者』『神の一手:グィス編』などを通じて存在感を誇ってきた。最近ではSBSドラマ『ザ・キング:永遠の君主』で帝国皇室近衛隊隊長のチョ・ヨン、大韓民国社会服務要員チョ・ウンソプの1人2役を演じて活躍した。

ウ・ドファンの除隊予定日は2022年1月5日だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-06-29 08:50:43