カン・ドンウォン主演「半島」の監督と俳優陣が一緒にグラビアを撮影


今夏、スクリーンを揺るがす1つのアクションブロックバスター『半島』が俳優と監督のシナジーを盛り込んだ『CINE21』のカバーストーリーグラビアを公開する。

映画『釜山行き』から4年、廃墟と化した土地に残された者たちが繰り広げる最後の死闘を描いたアクションブロックバスター『半島』の主役たちが『CINE21』のカバーストーリーグラビアのために総出動した。

『半島』で強烈な演技変身と卓越した存在感を発揮した彼らは『CINE21』のグラビアで映画に劣らない爆発的なシナジーを披露した。ヨン・サンホ監督と「廃墟の地」に戻ってきたチョンソク役のカン・ドンウォンのツーショットがまず目を引く。

『半島』で初めて呼吸を合わせた2人は、キャラクターに生命力を吹き込むために長い時間語り合い、互いへの信頼を基に映画の撮影中、完璧な呼吸を見せてくれた。さらに巨大になったゾンビたちが大勢いる地で生き残った生存者ミンジョン役のイ・ジョンヒョン、キム・ノイン役のクォン・ヘヒョ、ジュニ役のイレ、3人の和気あいあいとした姿からは、仲のよさがうかがえる。彼らが見せる世代を超えた新鮮なケミストリーに関心が集まっている。

個性あふれる演技で観客を驚かせる631部隊のファン中佐役のキム・ミンジェ、ソ大尉役のク・ギョファンも『半島』と180度違う魅力を発散した。映画で廃墟の地で希望を失い、狂った者たちの衝撃的な姿を見せる彼らは、グラビアでは明るく笑うギャップで興味を誘う。

全世代に通じるキャスティングで早くから話題を集めた映画『半島』で強烈なシナジーを発揮する彼らが伝える撮影や映画に関する多様なビハインドストーリーは『CINE21』で確認できる。

個性と魅力、演技力まで兼ね備えた俳優たちが勢ぞろいして新鮮な演技変身を予告している映画『半島』は15日に封切りする。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-07-07 16:03:06