SJヒチョルに悪質なコメントを残したネットユーザー、告訴取り下げを要求


ボーイグループのSUPERJUNIOR、キム・ヒチョルが悪質なコメントに対して強硬対応すると明らかにした中、ある悪質ネットユーザーが急に態度を変えて注目を集めている。

キム・ヒチョルのインスタグラムには、悪質なコメントによって告訴された当事者と推定される人物のコメントが公開された。作成者は「このコメントを見たらどうか許してほしい」とし「ミスでそんなに大金を払えない」と伝えた。

続いて「あなたが豊かだからといって力のない庶民を訴えるのか?お金を目当てに生きるSUPERJUNIORのメンバーだったなんて」と自分を告訴したキム・ヒチョルを非難した。

悪質ネットユーザーはまた、自分の家庭の事情に触れ「芸能人でありながら、そんなふうに生きてはいけない。どうしてファンにそんなことができるのか?このコメントを見ても話がなければ、あなたは人を殺したことになる」として、告訴の取り下げを促しキム・ヒチョルに対する非難は続いた。

自分の過ちで告訴されたにもかかわらず、被害者に責任を転嫁する悪質なコメントにネットユーザーは「一体、何がしたいのか分からない」「どうすればあんな考え方ができるのか?」「芸能人も人間だが、悪口を書き込む時には何も考えなかったのか?」など批判した。

これに先立ち、キム・ヒチョルは今月22日、インスタグラムに「善処はしません」というコメントと共に告訴状が写った写真を公開し、悪質ネットユーザーに対する法的対応を始めたことを明らかにした。

キム・ヒチョルは「たとえ合意してもすべて弁護士に預けるつもりです。弁護士の方々と江南警察署の捜査官の方々、ありがとうございます。 ここで止まらず、悪質ネットユーザーを捕まえ続けるつもりです」と強硬な発言をしていた。

キム・ヒチョルは24日、江南警察署で悪質なコメントを掲載した告訴人として取り調べを受けた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-07-29 15:25:03