「PRODUCE」被害者イ・カウンの主演映画が公開 セクシーコメディ


AFTERSCHOOL出身のイ・カウンが女優としてデビューする。

イ・カウンのスクリーンデビュー作『モーテリア』はモーテルで繰り広げられる出来事を描く20代と30代のためのセクシーコメディオムニバス映画だ。

イ・カウンは劇中、観光学科を卒業してモーテルに就職したユ・ダヒを演じる。自分の仕事に使命感を持つ人物で、モーテルで起こる様々な出来事をこっそりポッドキャストで配信、さまざまなエピソードを興味深く描き出して映画の楽しさを高める予定だ。

イ・カウンは最初の映画挑戦にもかかわらず、堂々と主演の座を手に入れて、これまで見られなかった新しい魅力を披露する。

一方、イ・カウンは2012年、AFTERSCHOOLのシングル「Flashback」でデビュー、2019年に所属事務所HIGHエンターテイメントに移籍して俳優としての新たな挑戦をスタートさせた。ウェブドラマ『今日も平和な中古ナラ』にキャスティングされたのに続いて、YouTubeチャンネル「カウンデー」を通じてファンたちと疎通している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-12-03 15:14:55