キム・ユジョン&シン・ドンヨプ、「2020SBS演技大賞」にMCとして出演


シン・ドンヨプとキム・ユジョンが『2020 SBS演技大賞』のMCを務める。

SBS創立30周年特集で行われる『2020 SBS演技大賞』は今年いつになく注目を集める。特にタレントのシン・ドンヨプと女優のキム・ユジョンが12月31日に行われる『2020 SBS演技大賞』授賞式のMCに選ばれ、これまでSBSドラマを愛してくれた視聴者と共に一年を締めくくることになった。

SBSを代表するバラエティ番組『みにくいうちの子』のMCであり、国民MCとしてSBSの歴史を共にしてきたシン・ドンヨプがSBS創立30周年を迎え、もう一度演技大賞のMCを務める。

今年で4回目の司会を務めるシン・ドンヨプは特有の気の利いた語り口とすっきりした進行で2020年SBSドラマ決算の華やかな舞台を披露する予定だ。

また、SBSの金土ドラマ『コンビニのセッピョル』ではバラエティに富んだ魅力を発揮し視聴者から大人気のキム・ユジョンが久しぶりにMCを務める。子役を経て最高の女優でK-ドラマの主役になったキム・ユジョンがシン・ドンヨプと共演し創立30周年を迎えた『2020 SBS演技大賞』の受賞が期待される。

今回の『2020 SBS演技大賞』の演出を担当したチャン・ソクジンPDは「数多くの授賞式を進行してきたベテランシン・ドンヨプと人気歌謡のMCとしても活躍したキム・ユジョンが一緒に呼吸を合わせる。2人の新鮮な組み合わせとシナジー効果を期待してほしい」とし「今年1年間SBSは話題性の高いドラマが相次いで誕生し、視聴者から大きな愛を受けた。今回の『2020 SBS演技大賞』は創立30周年特集となるだけに、今年だけでなくこれまでSBSのドラマを多彩に紹介する予定だ。これからもよろしくお願いします」と伝えた。

一方、『2020 SBS演技大賞』は防疫当局の指針に従い安全な授賞式を行う予定だ。

従来とは異なり舞台の下に役者らが集まって座るテーブルを配置せず、それぞれの待機スペースで待機した後、授賞者に呼ばれてから出てきて受賞する形で行われる。安全な受賞のためにトロフィーも授賞テーブルの上に置かれており、受賞者が直接トロフィーを持ち帰る予定だ。MCは個人マイクの使用を基本とし、毎授賞別にマイク消毒とマイクカバーを交替して、新型コロナウイルスを予防するための最善の努力を尽くすという意志を明らかにした。

『2020 SBS演技大賞』は12月31日の午後9時からSBSで放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 / 写真=SBS
  • 入力 2020-12-24 16:22:35