「スンちゃん」李スンヨプに第3子が誕生 夫婦ともに40代


  • 写真:MKスポーツ

元プロ野球選手イ・スンヨプ(李承燁、42)の妻イ・ソンジョン(40)が第3子となる男児を出産した。

5日、イ・スンヨプはインスタグラムに「末っ子がついに生まれました。3人の息子の父親となりました。責任感を持ってさらに熱心に健康に生きていきます」というコメントと一緒に生まれたばかりの息子の足の写真を公開した。

イ・スンヨプは「コロナの影響で出入りが統制されています。医療スタッフの方々、本当にご苦労様です~~コロナも早く終息するよう祈願しています。ありがとうございます」と医療スタッフへの感謝も伝えた。

イ・スンヨプとイ・ソンジョンは1999年にデザイナーアンドレ・キムのファッションショーで初めて出会って恋人となり、2002年に結婚して2人の息子に恵まれていた。

特にずば抜けた美貌で芸能界からラブコールを受けてきたイ・ソンジョンは、芸能界進出をあきらめて20歳という若い歳でイ・スンヨプと結婚して当時話題を集めていた。

1995年にサムスンからデビューしたイ・スンヨプは2004年以降、日本のプロ野球チームである千葉ロッテマリーンズ、巨人、オリックス・バファローズを経て2012年に古巣のサムスンに戻って2017年に引退した。日本プロ野球で活躍した当時には「スンちゃん」「スン様」というニックネームで親しまれていた。

  • 写真:イ・スンヨプ SNS

  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-01-05 09:27:52