ピョン・ジョンス、銭湯で裸の写真撮られトラウマに「娘たちは別の人と」


  • 写真:Eチャンネル放送画面キャプチャ

韓国人のモデル、ピョン・ジョンスが銭湯にトラウマがあると告白した。

去る20日に韓国で放送されたEチャンネルのバラエティ番組『ラテ父母』では新年を迎えて温泉旅行をしたピョン・ジョンス家族の姿が描かれた。

温泉に向かう車の中でピョン・ジョンスは「新年には銭湯に行って垢をこすって落とすもの」と話した。夫のユ・ヨンウンも「修身斉家治国平天下という言葉がある。自分を治めてこそ天下を治めることができるという意味だ」と賛同した。

これに娘のユ・チェウォンとユ・ジョンウォンはピョン・ジョンスと銭湯に行ったことが一度もないと明らかにし、ピョン・ジョンスは「よく裸の写真を撮られる」と自身の銭湯でのトラウマを打ち明けた。

ピョン・ジョンスは「銭湯やサウナでは体を見ることができる。よく写真を撮られる。私が発見して指摘することもある。写真をネットから削除してほしいとお願いしたこともある」と告白した。

続いてピョン・ジョンスは銭湯トラウマのせいで長女のユ・チェウォンは祖母と、次女ユ・ジョンウォンは友達のお母さんたちとお風呂を行ったと付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ボミ インターン記者
  • 入力 2021-01-21 09:14:11