イ・ジュヨン主演映画「野球少女」が日本で公開確定


映画『野球少女』が日本で公開される。

映画振興委員会は5日『野球少女』が日本で156館規模で公開すると伝えた。今年2月に『藁にもすがる獣たち』が約40館規模で公開されたのに比べると、さらに大きな規模だ。

『野球少女』は高校の野球部で唯一の女子部員であり130キロの速球を投げ「天才野球少女」と呼ばれるチュ・スイン(イ・ジュヨン)が卒業を前にプロ野球に挑戦し現実の壁を越えるために孤軍奮闘する姿を描いた成長ドラマだ。

2019年に釜山(プサン)国際映画祭で「韓国映画の今日-パノラマ部門」に招待されて初公開されて以来、好評を博しソウル独立映画祭でイ・ジュヨンが独立スター賞を受賞した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-03-05 16:53:05