韓、看護師らが市庁前でデモ…看護人力の確保を要求


「あまりにも多くの患者を担当しているため、患者を適切に看護することができなかった。食事をしたり休息をとることさえ困難な状況で、心と体は回復しません。人材補充のための希望がなく、もう病院で持ちこたえることができません。申し訳ありません。」

看護師がコロナ19の医療現場ではなく15日午前、674枚の辞表を持ってソウル市庁前に集まった。 「674」はコロナ19発生後、ソウル大病院とボラメ病院およびソウル医療院で辞表を出した看護師の数だ。

民主労総公共運輸労組医療連帯本部はこの日、ソウル市庁前で記者会見を開いて「コロナ19事態発生直後から1年8ヶ月が経ったいまも、看護人材不足の問題が解決されていない」と抗議のパフォーマンスを繰り広げた。

看護師らは「看護師があまりにも多くの患者に対処する劣悪な労働条件のため、まともに仕事ができないことから現場を去っている」とし、「コロナ19の発生直後から現在まで辞職した看護師は、ソウル大学病院とボラメ病院およびソウル医療院で674人だ」と強調した。

これらの看護師は昨年1月から今年7月まで、過酷な条件で医療現場を離れた看護師674人の辞表をまき散らしながら、ソウル市に感染病棟の看護人材の基準を直ちに発表するよう促した。

また「ソウル市は発表さえすれば良い人員基準案を手に握り、待てという言葉だけを繰り返している。一日も早く人材の基準を発表して欲しい」とし、「人材確保の状況が変わらなければ、今日も明日もその数は増えるだろう」と付け加えた。
  • 毎日経済 | チョン・ジョンホン記者
  • 入力 2021-09-15 16:30:00