トップ > コリアナウ > 社会 > 「冬の王国」になったクリスマス… 嶺東地方は雪世界

「冬の王国」になったクリスマス… 嶺東地方は雪世界


  • 「冬の王国」になったクリスマス… 嶺東地方は雪世界

クリスマスが「冬の王国」になった。 25日、ソウルの朝の気温はこの冬の最低を記録し、江原道の嶺東地方には大雪が降った。

この日午前7時、ソウル市(鍾路)の気温は平年よりも9度ほど低い零下13.1度を記録した。この冬に入って一番低い気温だ。風も強く、ソウル市の体感温度は零下19.4度に達した。

気象庁によるとこの日、首都圏と江原道の内陸、忠清道の内陸、全羅北道の東部などは朝の気温が零下15~10度以下に下がった。

江原道の嶺東地方には大雪が降った。午前7時の時点の積雪量は束草で55.9センチメートル、注文津邑で42.7センチメートル、北江陵35.3センチメートル、襄陽郡33.0センチメートル、江陵25.5センチメートル、そして東海市で21.1センチメートルだ。

この地域に発令された大雪特報は解除された。
  • 毎日経済 | チョン・スンファン記者
  • 入力 2021-12-25 10:22:43