トップ > コリアナウ > 社会 > 「うつ病にかかった韓国」…国民5人のうち1人が「孤独」

「うつ病にかかった韓国」…国民5人のうち1人が「孤独」

所得が低いほど孤立感が大きく 

  • 「うつ病にかかった韓国」…国民5人のうち1人が「孤独」

  • 明洞の裏路地商店のあちこちに賃貸門の表示が付いている。 [イ・サンヒョン記者]



昨年、韓国国民10人のうち2人以上は「孤独だ」と感じ、所得水準が低いほど社会的孤立感が大きいと考えていることが分かった。

統計庁は24日、韓国の社会像を総合的に見ることができる「2021韓国の社会指標」を発表した。この統計は国民生活と関連した、全体的な経済・社会の変化を容易に把握できる指標として活用される。

昨年、韓国の国民のうち22.2%が孤独を感じると答えた。 「誰も私をよく知らない」と感じる割合も16.5%となった。女性(25.1%)が男性(19.1%)よりも社会的孤立感をさらに感じたし、60代以上の高齢層が孤独だと答えた割合が31.4%で最も高かった。

所得水準別でも社会的孤立感の差が大きかった。月あたり所得600万ウォン以上は14.8%だけが「孤独だ」と答えたが、100万ウォン未満は53.4%も孤独を感じると答えた。 2人のうち1人は社会的に孤立したと感じるわけだ。

韓国の国民のうちで体が悪くて家事を頼む必要がある場合、助けてくれる人がいるという割合は72.8%で、2年前よりも6.8%ポイントほど減少した。これは2009年以来で最も低い水準だ。

急に大金を借りなければならない場合に助けを受けることができると答えた割合も、2年前よりも1.3%ポイント減少した50.1%にとどまった。落胆または落ち込んで話相手が必要な場合、助けを得ることができると答えた割合は79.6%で、2年前よりも3.7%ポイント下落した。

昨年、韓国国民が最も信頼する政府機関は地方自治体(58.5%)で、軍隊(56.1%)、中央政府(56.0%)、警察(55.3%)、裁判所(51.3%)、検察(50.1%)の順だった。国会は34.4%で国民の信頼度が最も低かったが、前年よりは13.3%ポイント上昇した。

韓国国民のうち、自分の仕事に価値あると考えた人の割合は73.2%で、前年より13.6%ポイント上昇した。男性(74.6%)が女性(71.8%)よりも2.8%ポイント高く、所得水準が高いほど仕事に価値あると考える人の割合が大きかった。

2020年の時点で韓国国民は経済的地位(13.0%)による差別を最も多く経験し、年齢(12.9%)と性別(11.8%)などが続いた。
  • 毎日経済 | チョ・ソンシン記者
  • 入力 2022-03-24 16:04:55