トップ > コリアナウ > スポーツ > トッテナム、2370億ウォンの投資集中「サンキュー、ソン・フンミン」

トッテナム、2370億ウォンの投資集中「サンキュー、ソン・フンミン」


ソン・フンミン(トッテナム・ホットスパー)が活躍しているイングランド・プレミアリーグ(EPL)に資金源が途絶えない。優れた実力を持つ世界的なサッカー選手が集まって劇的な勝負を連日導き出し人気が高まっているからだ。2021-2022シーズンは幕を閉じたが、今夏の移籍市場を控えて早くも球団買収と投資など「億」単位の声が相次いでいる。米国を除けば全世界で最も大きな収益を出すスポーツリーグであるだけに選手たちの年俸からして半端ない。サッカー市場の価値を測定するドイツのサッカー統計メディア「トランスファーマルクト(Transfermarkt)」によると全世界で年俸が6500万ポンド(約1029億ウォン)を超える選手は計49人いる。この中で来季からマンチェスター・シティに合流するノルウェーのFWアーリング・ハーランドまで含めると22人がEPLでプレーしている。ソン・フンミンをはじめ、チームメイトのハリー・ケイン、モハメド・サラー(リバプール)などが代表的で2000年生まれの同い年のフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)、ジェイドン・サンチョ(マンチェスター・ユナイテッド)など有望株も並んでいる。

ソン・フンミンは現在、選手価値が8000万ポンド(約1266億ウォン)で世界19位だが年俸は1000万ポンド(約160億ウォン)でEPL得点王にしては安い方だ。英国のメディアが先を争って「得点王でありながら謙遜なため損をする」という評価を下している。今季リーグでソン・フンミンより5ゴール少ないクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)が年俸2650万ポンド(約420億ウォン)をもらうという事実を考慮すればなおさらだ。

このような選手たちが集まっているため球団自体の価値も莫大だ。EPL事務局は25日(韓国時間)声明書を出し「プレミアリーグ理事会はトッド・ボーリー(Todd Boehly)氏のクリアレイク・キャピタル・コンソーシアムのチェルシー買収を承認した」と発表した。昨季、欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグの優勝を果たした「ディフェンディング・チャンピオン」チームを買うためにコンソーシアムが入札した価格は42億5000万ポンド(約6兆7200億ウォン)に達する。選手団や競技場、トレーニング場、マーケティング的価値などを含めれば天文学的数字の価格になる。

もともと球団オーナーだったロシアの財閥、ロマン・アブラモビッチは球団を売る意思がなかったが、ロシアのウクライナ侵攻以後、ウラジーミル・プーチンロシア大統領の側近という理由で英国などで制裁名簿に上がり結局、圧迫に勝てず3月に球団売却を発表した。米大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャースの共同球団オーナーであるトッド・ボーリーとクリアレイク・キャピタルなどが予定通り買収を終え、球団オーナーに決定されれば、しばらく選手を迎え入れることができなかったチェルシーも今夏の移籍市場から選手団を構成しEPL優勝のために活発に挑戦できる見通しだ。

ソン・フンミンの年俸からも分かるように、今まで倹約家のイメージが強かったトッテナムも同じ日「球団筆頭株主であるENICスポーツ株式会社と1億5000万ポンド(約2370億ウォン)の増資に合意した。資本投入で球団は財政的柔軟性を得てグラウンド内外でより多くの投資ができるようになった」と発表した。トッテナムはソン・フンミンなどの活躍に支えられ2022~2023シーズンUEFAチャンピオンズリーグの進出権を確保したが、まだアントニオ・コンテ監督の残留が明確ではなかったが、今回の発表を通じて維持が有力になった。コンテ監督は「選手団強化が必要だ」として、いつでも投資がなければチームを離れることができるという意中を持続的に明らかにしてきた。英国メディアのテレグラフは、コンテ監督がセンターバック、右サイドのウィングバック、ミッドフィールダー2人、フォワード、バックアップGKなど選手6人の迎え入れを望んでいると伝えた。

結局、良い成績さえ出せるなら1000億ウォン単位の投資はそれほど惜しく思うこともないところがEPLだ。逆に成績が出なければ、その価値は急落することになる。1992年にEPLが再発足して以来、リーグ優勝を20回も占め最高の名門となったマンチェスター・ユナイテッドが代表的だ。マンチェスター・ユナイテッドは10年前の2012年ニューヨーク証券市場に上場した企業でもあるが、昨シーズン拙戦を繰り返した末に6位にとどまり今年だけで株価が23%ほど下落した。英国メディアのデイリースターは「昨シーズンに6億ポンド(約9500億ウォン)に近い価値を失った」と明らかにし専門家たちは「この傾向が続けば球団オーナーのグレイザー家がマンチェスター・ユナイテッドを売却することができる」と分析した。もしマンチェスター・ユナイテッドが市場に出ればチェルシーに劣らない巨額で売れるものと見られる。
  • 毎日経済 | イ・ヨンイク記者
  • 入力 2022-05-25 17:32:55