トップ > コリアナウ > 社会 > 韓国ソウル・京畿の豪雨で7人死亡・6人行方不明 半地下から救出できず

韓国ソウル・京畿の豪雨で7人死亡・6人行方不明 半地下から救出できず


8日から韓国首都圏など中部地方に降った大雨により、7人が死亡、6人が行方不明になるなど被害が発生した。

中央災難安全対策本部によると、今回の豪雨による人命被害は9日午前現在、死亡7人、行方不明6人、負傷9人と集計された。

ソウル冠岳区(クァナック)では前日午後9時7分ころ、半地下に閉じ込められた3人が救助を求めて通報したが死亡した。2人は46歳、1人は13歳だった。

ソウル銅雀区(トンジャック)では前日午後6時50分ころ、大雨により倒れた街路樹を整理していた60代の区役所の職員が亡くなる事故が発生した。死因は感電によるものと推定されている。銅雀区では同日午後5時40分に住宅浸水により1人が死亡した。

京畿道広州市(クァンジュシ)では崩壊したバスの停留所の残骸の下から1人が遺体で発見され、道路斜面の土砂埋没により1人が亡くなった。

行方不明者は瑞草区地下商店街の通路、マンホールの下水口などソウルで4人が発生した。京畿広州市では河川の氾濫により2人が急流に流されて行方不明となった。

累積の降水量はソウル銅雀区新大方洞(気象庁)が8日の0時から9日の午前4時まで417ミリを記録するなど300ミリを超す所が続出した。9日の午前6時現在は中部地方を中心に所々で雨が1時間30ミリから50ミリ降っている。
  • 毎系ドットコム キム・ジョンウン記者
  • 入力 2022-08-09 08:22:13