公共サービスのカードの統合推進、20種のカードが1枚に…

解決課題は? 

政府がバウチャーで運営する公共サービスカードを1枚に統合する方案を推進する。

6日、政府とカード業界などによると、早ければ来年1月1日から公共サービスカードが統合サービス利用が可能なように改編される予定だ。政府の関係者は、「発行費用の問題と、サービスの受恵者が経験する発行過程での煩わしさを解消するために、数カ月前から関連案を検討してきた。近いうちに各カードを担当している部署と協議を進める予定だ」と説明した。

公共サービスカードは、公務員年金カード・ネゴジャンサランカード・国家有弘者カード・障害者福祉カード・叙勲対象者カードなどを言う。

政府は来年初めに発売予定のアイヘンボクカード(アイサラン+アイチュルゴウンカード)に母親の出産費用を支援するコウンマカードと青少年の母親を支援するマムピョナンカードを統合する方針だ。しかし、公共サービスカードごとに所管部処と受恵者が異なり、また、各カード会社の利害関係が対立しており、統合が容易ではないという憂慮も提起されている。
  • 毎経ドットコム_速報部 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-11-06 17:33:08