キム・グァンヒョン、メジャーリーグポスティングの結果出る…最高応札額に関心大


メジャーリーグ進出を宣言したキム・グァンヒョン(26)の所属球団SKワイバーンズがポスティングの結果を通知されたと知られ、野球ファンをざわつかせている。

韓国野球委員会(KBO)は11日午前、米国メジャーリーグ(MLB)事務局からキム・グァンヒョン選手のポスティング結果を渡され、これをグァンヒョン選手の所属球団のSKワイバーンズに通報した。ポスティングの結果は、提示された最高応札額の内容のみを伝達され、応札額を提示した球団はまだ明らかにされていない。

KBOはSKワイバーンズが最高応札額を受け入れるかどうかを、来る15日午前7時までに、MLB事務局に知らせる予定だ。SKワイバーンズが最高応札額を受け入れる場合、キム・グァンヒョン選手は独占契約交渉権を持つ球団とひと月の間、給与交渉をすることになる。一方、SKが応札額を受け入れない場合は、キム・グァンヒョン選手の公示は撤回される。

キム・グァンヒョン選手は、2007年にデビューし、今シーズンまでSKワイバーンズでプレーし、ポスティング資格を備えている。先月30日には記者会見を開き、ポスティング制度を介して大リーグに挑戦するという意思を明らかにした。
  • シックニュース_チェ・ジョンウン記者/写真=SKワイバーンズFacebook | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-11-11 11:18:08