韓国、コロナ確定者計82人に…大邱の教会で23人


20日午前、韓国の「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)」患者は31人追加された。これにともなって、国内の感染者は計82人に増えた。

中央防疫対策本部はこの日午前9時の時点で、コロナ19患者が前日の午後4時よりも31人追加確認されたと発表した。前日に対策本部が発表した新規患者は計20人で、連日患者が急増している。

特にこの日、新たに発生した患者31人のうちの30人が大邱・慶北地域から出た。 1人はソウルだ。

新規患者30人のうち23人は31番患者(61歳女性、韓国人)が通っていた教会の(新天地イエス教会)で発生した。他の2人は清道郡所在の医療機関(清道テナム病院)、残りの5人は関連を確認している。

これによって大邱・慶北の患者は前日に発生した18人を含めて48人に増えた。また31番の患者のような教会に通う患者は、前日の14人を含めて37人に増えた。

※関連記事「「大邱封鎖か」…恐怖で都市が麻痺」。
  • 毎日経済デジタルニュース局_イ・サンギュ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-02-20 13:22:16