「韓・中の空の道」…運航、相次ぐ再開


  • 去る12日午後、アシアナ航空が仁川〜南京路線の運航を再開した中で、地上乗務員が搭乗客出国手続きを準備中だ。 [写真=キム・ジェフン記者]


韓・中の航空路線の運航が一部再開される。

アシアナ航空は12日、「仁川〜南京」路線の運航を再開したと明らかにした。コロナ19の拡散で便を中断してから105日ぶりだ。この日に再開した仁川発南京行き路線は週1便、日曜日の午後12時20分に出発して午後2時50分に到着する予定だ。南京発仁川行き路線は同日午後2時50分に出発する。

△仁川〜広州(大韓航空)、△済州〜西安(ジンエアー)、△仁川〜シンセン(エアプサン)路線も今月中に運航を再開する。

また、済州航空などは中国当局と3つの路線の追加運航を協議中だ。協議が完了すると国内の航空会社が運航する中国路線は10本に増える。中国の航空会社も路線を10本まで拡大する予定だると伝えられた。
  • 毎日経済_ソン・グァンソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-07-12 17:13:13